メニュー
アーカイブ  | RSS |

電子ジャーナル・データベース認証システムID等がわからなくなった方へ

 投稿日時:2011-06-13 (1762 ヒット)
先日、お伝えしました平成23年6月8日(水)のシステムメンテナンス実施後より、 電子ジャーナルデータベース認証システムのID およびパスワードが、わからなくなって しまうケースがあるようです。 http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=821 電子ジャーナル・データベース認証システムを利用するには、以下のいずれかのIDと パスワードが必要です。    ECS-ID (教育用コンピュータシステム利用コード 【例:a0012345】)    http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/ecs/account/    SPS-ID (教職員グループウェアID 【例:taro123yoshida】)    http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/account/account_list/sps-id.html IDやパスワードが不明になった場合、 ECS-IDについては学術情報メディアセンターへ、SPS-IDにつきましては所属部局の 総務・庶務担当部署に、それぞれお尋ねください。 なお、ID とパスワードは自己責任で、厳重に管理してください。特にパスワードは 他の者にパスワードを教えたり、不注意でパスワードが他の者に知られたりしてしまう ことがないよう最大限の注意を払ってください。
Print