メニュー
京都大学附属図書館 >  サービス >  国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

国立国会図書館による「図書館向けデジタル化資料送信サービス」がご利用いただけます。

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、京都大学附属図書館でデジタル画像の閲覧と複写ができるサービスです。

利用場所

  • 附属図書館1F 貴重図書閲覧室(専用端末1台)

利用時間

  • 平日(月-金) 9:00-11:45, 13:00-16:45

利用できる方

  • 本学の学生、教職員、名誉教授(卒業生、一般利用者の方はご利用いただけません)

利用できる資料

閲覧

  • 閲覧申込書にご記入の上、学生証・職員証・図書館利用証をご提示ください。
  • 専用端末で職員によるログイン後、ご利用いただけます。
  • デジタル画像のダウンロードや保存、カメラ等での撮影はできません。

複写

  • 公開範囲が「図書館送信資料」である資料について、著作権の範囲内で複写ができます。
  • 当該資料が学内の図書館・室に所蔵されている場合は、原則冊子体の資料から複写をしてください。
  • 複写は職員が行いますので、相互利用カウンターにて所定の申込書に複写希望資料の書誌情報やコマ番号をご記入ください。
  • MyKULINEからのお申込みもできますが、申込みフォームの通信欄に必ず「国立国会図書館デジタル化資料送信サービス」と入力してください。
  • 複写料金(私費のみ):白黒1枚20円 / カラー1枚60円
  • 複写物のお渡しは、原則翌日以降となります。
【附属図書館特殊資料掛 2014.05.19更新】