メニュー

国書の探し方

−国書(江戸時代以前の図書)を探す時には特別なツールを使う必要があります−

このレファレンス・ガイドはPDFアイコン PDFでダウンロード することもできます。

1.国書とは?

日本で書き著された書物(漢籍・仏典などは除く)のことを言います。
特に、江戸時代以前に書かれた資料は、OPAC等にまだ登録されていないものが多いので、資料を探す際には独特のツールを使って探していく必要があります。


2.国書を探すためのツール

国書を探すための様々なツールをご紹介します。

本の題名の読み方が知りたい 国書読み方辞典
植月博編
(おうふう)1996
本の正確な読み方を知るための辞典です。総画索引、音韻索引があります。
本の内容が知りたい 国書解題(増訂改版)
佐村八郎編
(東出版)1926
本の概要を調べるための基本的な辞典です。
本を探したい 国書総目録(補訂版)
(岩波書店)1989
(東出版)1926
調査の基本的目録です。巻・内容の種別、成立年代、写本・版本の別、翻刻・複製の存在、所蔵機関などが記載されています。
国書基本データベース(著作編)
(国文学研究資料館作成)インターネット
「国書総目録」の所在情報を除いた、著作に関する全項目と、「古典籍総合目録」収録著作、さらにその後逐次追加された著作が検索できるデータベースです。
古典籍総合目録
国文学研究資料館編
(岩波書店)1990
国書総目録の増補版です。国書総目録とあわせて、両方引くとよいでしょう。
古典籍総合目録データベース
(国文学研究資料館作成)インターネット
「古典籍総合目録」およびその後の追加を合わせ、冊子体未収録の詳細情報が検索できる総合目録データベースです。
複製・翻刻されているものを探したい 国文学複製翻刻書目総覧 正・続
市古貞次, 大曾根章介編
(日本古典文学会 ; 貴重本刊行会)1982,1989
国初から慶応4年までに日本人の著編撰訳した書籍のうち、国文学および国文学に関連のある書籍の複製・翻刻(復刊本を含む)を総覧したものです。(収録範囲:昭和20-61年の間に刊行されたもの)

「国書総目録」は、慶応3年(1867)までに日本人によって著編、撰訳された和漢書の総合目録で、 本の所蔵機関等を調べることができる、国書を探す際の基本的なツールです。
まずはこの目録を引いてみるとよいでしょう。
ただし、「国書総目録」にすべての国書が掲載されているとは限りませんので、ご注意ください。
探したい資料が「国書総目録」の中に見あたらない場合は、お近くのレファレンスカウンターまでお問合せください。
京都大学にある国書も、すべて「国書総目録」に掲載されているとは限りませんので、 京大内にある資料を探す場合は、「全学総合カード目録」を引いてみることをお勧めします。

資料が原本でなくてもよいのであれば、複製・翻刻されたものをOPACや国文学複製翻刻書目総覧、国書総目録などを用いて探してください。


3.京都大学にある国書の探し方

京都大学は、多くの国書を所蔵しています。貴重書に指定されているものも多くあります。
それらもまた、OPACでは検索できないものがほとんどです。
京都大学内に本があるかを調べるには、以下のツールを使いましょう。

◇ 「全学総合カード目録」(附属図書館1階)
「全学総合カード目録」は、京大内のほぼすべての蔵書を検索することができます。
まずはカード目録を引いて、探している本が京大の図書館にあるのかを調べましょう。
カードが見つかったら、所蔵図書館と登録番号、請求記号を控えて、所蔵図書館のカウンターをお尋ねください。
※ カード目録の詳しい引き方については、レファレンスガイドの「カード目録」(準備中)の項を参照。

◇ 「京都大学電子図書館 貴重資料画像」インターネット
京都大学には、いくつかの文庫やコレクションがあります。それらの中には国書も多く含まれています。
「京都大学電子図書館」では、京都大学が有する文庫目録やコレクション目録の一部が検索できます。
また、資料の画像が見られるものもあります。


4.実際に資料を探してみましょう

以上のような検索方法・ツールを使って、国書を探していきます。
しかし、検索方法によって得られる情報はそれぞれ異なります。また検索する際に気をつけなければならない点もあります。
様々な検索方法とその特徴を知り、ツールを使い分けることが効率的な国書検索への近道となります。

主な検索方法の特徴は以下のとおりです。

検索方法
正式タイトル・別書名・角書による検索
京大所蔵有無の確認
京大内所蔵館の確認
特徴
「国書総目録」
×
  • 全国のどの大学が所蔵しているかが分かる。
  • 各大学のどの図書館・室で所蔵しているのかまでは分からない場合もある。
「国書基本データベース」
×
×
  • 書名のヨミが分からなくても検索することができる。
  • 別書名、角書からでも検索できる。
  • 所在情報は記載されていない。
「全学総合カード目録」
×
  • 京大内のどの図書館・室に所蔵されているかが分かる。
  • 請求記号・登録番号が分かる。
  • 正式なタイトルではなく角書や別書名から引かないと見つからない場合もある。
「京都大学電子図書館貴重資料画像」
○(一部)
○(一部)
  • 資料の画像が見られる場合がある。
  • 請求記号・登録番号が分かるものもある。
  • 京大内の国書のごく一部しか登録されていない。
【 Tips 】
国書には、タイトルとは異なる名称(別称、別書名)を持つものや、タイトルの前に冠称がつくもの(角書)があります。 そのため、「国書総目録」や「全学総合カード目録」を引く際には注意が必要です。特に「全学総合カード目録」は、正式なタイトルでないと見つからないもの、 反対に別称や角書から資料を探さないと見つからないものもありますので、見つからない時はまず国書基本データベース等で資料の正式なタイトル、別称、角書を確かめ、 別称や角書からも探してみましょう。
■ 例:「湖月抄(こげつしょう)」(北村季吟著)を探す場合
別書名:「源氏物語湖月抄
全学総合カード目録に登録されているタイトル:「源氏物語湖月抄
⇒ この資料の場合、全学総合カード目録を引くときは正式タイトルである「湖月抄」でなく、別書名である「源氏物語湖月抄」で引かなければ、資料を見つけることができません。

○ 京都大学内の図書館・室にお探しの国書が所蔵されていたら、請求記号登録番号を控えて、資料を所蔵している図書室へ行きましょう。


5.資料の利用にあたって

国書等の利用条件については、所蔵機関により異なります。
事前に予約をしなければ閲覧できない場合もありますので、所蔵機関に利用条件等を問い合わせましょう。

なお、附属図書館の貴重図書、特殊文庫については 附属図書館ホームページ:図書館利用の配置と利用 :貴重図書の閲覧 をご覧下さい。


★ 分からないことがある時は、図書館員までお問合せください。

連絡先:ref@kulib
プリンタ用画面