メニュー
   

全学共通科目「大学図書館の活用と情報探索」 >

平成29年度:授業で寄せられた質問と先生からの回答

質問回答

【第1回】
「大学図書館の魅力と研究活動」
(平29. 4/11)

[Q.1]        
 オープンアクセスについては多分理解しましたが、それとオープンサイエンスとの違いをいまいち理解していません。

[A.1]
 オープンアクセスが主として、論文をウェブ上で無料公開し、誰でも閲覧可能な状態にすることを指すのに対して、オープンサイエンスは、論文の研究データや、論文にはまだなっていないような研究の過程で生産されるデータを広く一般に公開することを指します。 研究データを共有し、活用しあうことで、科学界だけでなく、産業界や社会全体も発展していこうという理念に基づいています。オープンアクセスもオープンサイエンスも研究成果を誰でもアクセスできる形にするという点では同様であり、現在、日本も含め世界中の学術界の重要な潮流となっています。(北村由美)

【第1回】
「大学図書館の魅力と研究活動」
(平29. 4/11)

[Q.2]        
 パワーポイントにアニメのキャラクターを利用されていましたが、COPY RIGHT を表示すれば、許容されるのでしょうか?

[A.2]
 はい、許容されます。 著作権法第35条第1項にて、下記のとおり定められています。
  ----------------------------ここから条文------------------------------
  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において 教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供するこ とを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複 製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及 び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。
  ----------------------------ここまで条文------------------------------
  今回のイラストの掲載は、明確な授業の課程で行われているものですし、 また著作権者の利益を不当に害しているとは、考えられないかと思います。(北村由美)

【第3回】
「資料調査の入り口」
(平29. 4/25)

[Q.3]        
  文学の論文では、一般では下位区分になる作家の人生や個々の作品が上位区分に置かれることが多く、整理して論じるのが難しいと感じることがあります。

[A.3]
 文学研究では、これまで蓄積されてきた知見が豊富なため、テーマがかなり細分化される場合があります。例えば、「森鴎外における歴史小説について」というテーマは、50年前ならいざ知らず、現在では大きすぎ、現実的ではありません。その場合、より深いテーマ設定、例えば「森鴎外「高瀬舟」における「知足」思想について」などより細やかな設定が考えられます。このように、研究対象の研究の進み具合に応じて、上位区分・下位区分を設定し直してください。(須田千里)


作成日:2017.04.24 更新日:2017.08.02 附属図書館 利用支援掛
Print