【図書館機構】粗悪学術誌に関する注意喚起について

投稿日 2020-09-17 | カテゴリ: 

査読誌であることをうたいながら、著者から論文投稿料を得ることのみを目的とする、
ハゲタカジャーナル(Predatory Journals)と呼ばれる粗悪学術誌の問題について、
図書館機構では学内の研究者向けに注意喚起のためのリーフレットを作成するなど、啓発活動を行っています。

粗悪学術誌への投稿や、粗悪学術誌に査読者・編集委員として関わることにより、
研究内容や研究者自身に対する社会的信用を損なうリスクは依然として高く、一層の注意喚起が必要と考えられるため、
下記のとおり粗悪学術誌に関するリーフレットをリニューアルしました。

注意すべき点について、いま一度ご確認いただけますようお願いいたします。

その投稿先、大丈夫? ハゲタカ襲来

参考:オープンアクセスとは
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/content0/13087

(附属図書館学術支援課)
京都大学図書館機構にて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1386959