メニュー
   

大型コレクション >

西アフリカの歴史と民族 : 故ダグラス・ジョーンズ教授所蔵学術書・希覯書コレクション, 1600-1986 (ニシ アフリカ ノ レキシ ト ミンゾク : 1600-1986ネン シュッパン コ ダグラス ジョーンズ キョウジュ ショゾウ ガクジュツショ キコウショ コレクション)
West Africa : history and ethnology : a collection of rare and scholarly books, 1600-1986 : incorporating the library of the late Douglas H. Jones

英国のロンドン大学東洋アフリカ学研究所は、アジア・アフリカ諸国の歴史・地理・文化・社会に関する豊富な研究業績をもつことで知られているが、本 コレクションはこの研究所において西アフリカ史の講座を担当し、この分野ではパイオニアとして学会をリードしてきた故ダグラス・ジョーンズ教授の旧蔵書の一部である。

西アフリカ全般と経済史およびガーナ、トーゴ、カメルーン、ダオメー、リベリア、ギニア、アイボリーコーストに関する各国別の資料619点、965冊から成っており、この中には植民地化以前に出版された初期の旅行記や見聞録など数多くの希覯書が含まれている。

アフリカに関するまとまった資料としては、京都大学アフリカ地域研究センターに最近米国で出版された学位論文のコレクションが所蔵されているほか、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、国立民族学博物館、アジア経済研究所などにも若干の資料が所蔵されているが、いずれも西アフリカ諸国に関する独立以前の資料を主体としたものではない。

本コレクションは、初期の探検家の旅行記や地理学者の報告、植民地行政官の記録、博物学者や宣教師の見聞録などを含む学術的にもきわめて貴重な資料であり、西アフリカに関するこれほどまとまった資料はわが国には存在しないものである。また、前年度購入したナイジェリア、セネガンビア、モーリタニア、マリ、ニジェール、チャド、オートボルタおよびシェラレオネの歴史民族文献資料とともに、アフリカ社会の伝統とその変容の過程を知り、アフリカ地域研究を推進する上で必要不可欠である

Print