京都大学図書館機構将来構想

将来構想は、機構の基本理念と目標にのっとり、約10年後の京都大学の図書館のあり方を展望し、事業目標を明らかにすることを目的として策定しています。2009年度に初めて策定(2009年12月図書館協議会承認、2016年2月改定)してから10年が経過したことから、2019年度に「将来構想2020-2027」を新たに策定しました。 

 

基本目標1 オープンアクセスを推進し、研究活動を支援する
 事業目標1 研究成果のオープンアクセスを推進する
 事業目標2 研究サイクルに適合した支援を展開する

基本目標2 学修・教育支援を推進する
 事業目標1 学修環境を整備する
 事業目標2 人的支援を拡大する

基本目標3 豊富な学術資源を活用し、社会への貢献を強化する
 事業目標1 京都大学の図書館を世界に発信する
 事業目標2 国内外の研究者の研究活動を支援する
 事業目標3 生涯学習に貢献する

基本目標4 全学図書館機能の基盤を整備する
 事業目標1 全学的コレクションを系統的に構築する
 事業目標2 学術情報資源の共通利用基盤を整備する
 事業目標3 全学図書館機能の強化と図書系職員の人材育成を推進する
 事業目標4 図書館活動の全学的基盤を整備する

関連資料等

Print