メニュー

電子リソースへのアクセスについて

last updated : 2020/07/01

電子ジャーナル・データベースの利用にあたっては、対応するブラウザに「電子ジャーナル・データベース認証システム」専用プラグイン(以下「専用プラグイン」)のインストールが必要です。

専用プラグインをインストールすれば、学内だけでなく自宅等の学外環境からでもご利用いただけます。

ただし、契約により、学外からのアクセスを認めていないリソースもありますので、ご利用になりたい電子ジャーナル/データベースの利用条件を電子ジャーナルリスト/京大ArticleLinkerでよくご確認の上、ご利用ください。

確認の方法は、下記の「リモートアクセスの可否を確認するには?」をご覧ください。

専用プラグインをインストールしていないブラウザからは、大部分の電子ジャーナル・データベースが利用できませんのでご注意ください。

■なぜ「電子ジャーナル・データベース認証システム」を導入しているのか■

 「電子ジャーナル・データベース認証システムのご案内」(学内限定)をご参照ください。
 https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/service/12754

■対応OS■

 ・Windows
 ・Mac OS
 ・Linux

■対応ブラウザ■

 ・Google Chrome
 ・Mozilla Firefox
 いずれも利用前に専用プラグインをブラウザ側にインストールする必要があります。

■インストール・使用方法マニュアル■

※必ずご一読ください。
 ●「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Firefox版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_firefox_ja.pdf
 ●「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Chrome版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_chrome_ja.pdf

■FAQ■

 ●プラグインシステムFAQ(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/plugin_faq_ja.pdf

■専用プラグインダウンロードサイトへのリンク■

  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/plguide.html(要ECS-ID/SPS-ID)

■留意事項■

1.上記以外のブラウザや、iOS・Android等のスマートフォン・ タブレット端末では利用できません。
2.プラグインシステムのサポート対象外のため、プラグインシステム動作中は、文献管理ツールをご利用いただけません。
3.情報環境機構や各学部等が設置している「教育用PC端末サービス」(OSL・サテライト端末)では、各PCのデスクトップ上に電子ジャーナル閲覧用の「Mozilla Firefox(電子ジャーナル用)」ショートカットを置いていますので、そちらからご利用ください。
4.セキュリティソフトESETを導入したPCでは、必ず下記の設定を行ってください。
(以下は、ESET Endpoint Security (windows版)の操作方法です。製品により、若干異なる場合があります)

  1. ESETを起動し、左メニュー「設定」をクリックし、右下の「詳細設定」をクリック
  2. 左メニュー「ネットワーク保護」をクリックし、「ファイアウォール」をクリック
  3. 右メニュー「詳細」を選び、「ゾーン」の「編集」をクリック
  4. 「追加」をクリックし、一番上「名前」に「EJDB認証システム」、一番下「リモートコンピュータアドレス(IPv4、IPv6、範囲、マスク)」に、「130.54.110.21」を入力して「OK」「OK」をクリック
  5. 左メニュー「Webとメール」をクリックし、右メニュー「対象外のIPアドレス」の「編集」をクリック
  6. 「追加」をクリックし、入力欄に「130.54.110.21」を入力して「OK」「OK」をクリック
  7. 「OK」をクリックし、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と出た場合は「はい」をクリック

プラグイン以外の方法によるアクセス

プラグインを設定できる場合は、それ以上の設定は必要ありません。
スマートフォン・ タブレット端末など、プラグインが使用できない端末から電子リソースを利用したい場合、京都大学のネットワークに接続することで、一部の電子ブックやデータベースにはアクセスできる場合があります。
学外から京都大学のネットワークを利用する場合には、情報環境機構(学術情報メディアセンター)が提供している学外からの接続サービスをご利用ください。
各OSごとの設定マニュアルは下記のリンクを参照願います。

「学外からの接続」が正常にできているかどうかは、下記のページでご確認ください。

  • 学内環境判定ページ
    • 「現在、学内環境です」と表示されたら、「学外からの接続」設定は成功しています。
    • ページが表示されないなど、エラーになる場合は、「学外からの接続」設定が完了していません。マニュアルを見て、設定をもう一度ご確認ください。

設定の方法がわからない、きちんと設定できているはずなのに接続できないなど、「学外からの接続」についてのお問い合わせは 情報環境機構のお問い合わせ窓口お願いします。

リモートアクセスの可否を確認するには?

1.次のA~Cのいずれかの画面から電子リソースの利用条件(Terms of Use)を探す

A.電子ジャーナル/電子ブックリスト出版社サイト(プラットフォーム)リストで確認する

Term of Use 1
プラットフォーム名横の「Terms of Use」をクリック

B. 電子ジャーナル/電子ブックリストの各ジャーナルタイトルで確認する

Term of Use 2
ジャーナル等のタイトル右横の「Terms of Use」をクリック

C. 京大AritcleLinkerから確認する

Term of Use 3
「本文」ボタン右横の「利用規約」をクリック
※複数のプラットフォームで提供されている場合は「さらにフルテキストオプションを表示する」をクリックすると表示されます。

2.電子リソースの利用条件(Terms of Use)の詳細をみる

Term of Use 4

  • 「Remote Access」の項を見る。
  • 「◎Yes」であればリモートアクセスが可能です。
  • 「×No」であればリモートアクセスできません。
  • 「Remote Access」の表示がない場合は、確認中のためリモートアクセスできません。