文献管理ツール(EndNote Basic)を使う

文献管理ツールとは?

論文執筆に必要な文献をオンラインで蓄積・管理し、論文の引用文献リストを簡単に作成することが可能な、文献管理・論文執筆支援ツールです。
※注意: 文献管理ツールの機能設定にご注意ください

  1. EndNote Basic
  2. その他の文献管理ツール
※RefWorksの提供を2021年3月31日に終了しました。(機構ニュースへのリンク)

EndNote Basic

Clarivate Analytics社が提供する文献管理ツール。同社のプラットフォーム「Web of Knowledge」と連動して利用できます。どなたでもEndNote Basicがご利用いただけます。

EndNote Basic に ログイン!

EndNote Basicを使うと、以下のようなことができます。

  • オンライン書誌・データベースから文献情報を取り込み、レコードを管理・保存(1アカウントにつき50,000件のレコード・2GBまでのファイルを保存可能)
  • 文献の詳細を編集(ノートやキーワードの挿入、フィールドの修正)
  • 3,300種以上の投稿規程のスタイルを搭載し、引用情報や書誌事項をフォーマット
  • Microsoft Wordで執筆した論文に、EndNote Basicで管理しているレコードを利用して引用情報を付ける(Cite While You Write機能:プラグインが必要)
  • Internet ExplorerやFireFox上でウェブのブラウジング中にオンラインソースをEndNote Basicライブラリーに保存

アカウントの作成 / ログイン

EndNote Basicを利用するには、ユーザ登録が必要です。ただし、すでにISI Web of Knowledge等のアカウントを持っている方は、そのアカウントでログインできます。

  1. EndNote Basicにアクセスする。
  2. アカウントの「登録」をクリックし、画面にしたがって登録する。
  3. 登録が成功したら「CONTINUE」をクリックして、Web of Knowkedgeトップに戻る。
  4. 画面右に表示される「My EndNote Web:Go to My EndNote Web Library」をクリック。
  5. Agreement が表示されるので、「I agree」をクリック。
  6. EndNote Webの利用方法の選択画面が表示される。
    • Install EndNote Web Plug-in for Cite While You Write and Internet Explorer for Windows: これを選択すると、Cite While You Write(EndNoteで管理している書誌情報をMicrosoft Wordに簡単に取り込める機能)と、Internet ExplorerにEndNote Webツールバーがインストールされる。(*後でダウンロードすることも可能)
    • Install EndNote Web Toolbar for Mozilla: EndNote Webツールバーがインストールされる。(*後でダウンロードすることも可能)
    • Using EndNote Web without Plug-ins: プラグインなしでEndNoteを利用する。
  7. 今すぐEndNote Webを使いたい場合、「return to your library」をクリックすると、EndNote Web画面が表示される。

学外からも利用できます。*学外からのアクセスについての重要事項はEndNote Web ヘルプ : ローミング をご覧下さい。

レコードのインポート

レコードのインポート方法は、データベースによってそれぞれ異なります。

【ISI Web of Knowledge からのレコードインポート】
  1. 検索結果ページで、保存先:「my.endnote.com」をクリック。
  2. 選択したレコードがEndNote Basic にエクスポートされる。

その他、EndNote BasicからPubMedなどを直接検索してレコードをインポートしたり、ISI Web of Knowledge以外のデータベースからもレコードを取り込んだりできます。

KULINEからのインポートについては、「KULINEからEndNote Basicへ文献情報を取り込むときは?」(KULINE-よくある質問) をご覧ください。

利用マニュアル・ヘルプリンク

その他の文献管理ツール

文献管理ツールには、他にも有料のものやフリーのものが数多くあります。

※図書館が提供しているサービスではありませんので、障害や質問等にはお答えできません。

Mendeley

完全フリーの多機能文献管理ツール。ウェブとデスクトップ両方で文献を管理できます。iPhoneにも対応。文献管理にとどまらず、情報共有を簡単にすることを目的として開発されています。

TogoDoc

日本発・生命科学者のための文献管理トータルソリューションツール。フリーです。PubMed必読論文を自動推薦してくれます。

EndNote (CD-ROM版)

Clarivate Analytics社が提供する文献管理ツール(有料)。アプリケーション(CD-ROM)版。講習会資料など詳しくは医学図書館のページをご覧ください。

Zotero

Firefoxブラウザ(ver.2以上)のプラグインとして無償で提供されている文献管理ツール。論文情報や論文ファイルの保存、タグ付け、書誌情報の自動抽出、引用文献形式でのエクスポートなどの機能を備えています。

Papers

Mekentosj社が販売するMacintosh用の文献管理ツール(有料)。

文献管理ツールの機能設定にご注意ください

自動ダウンロード機能の使用禁止

文献管理ツールには、複数のPDFファイルを一括で自動ダウンロードできる機能を持つものがありますが、京都大学ではご利用いただけません。出版社・学会に「プログラム等を利用した自動操作による一括した大量ダウンロード」(=不適切利用)とみなされ、京都大学からのすべてのアクセスを遮断される場合があるためです。

認証情報設定の禁止

文献管理ツールの中には、設定に利用者の認証情報を入力することで自動的に文献を取得する機能を持つものもあります。こちらについても利用者の意図しない場面でシステマティックダウンロードと判断され遮断されてしまうこともありますので、文献管理ツールに認証情報を設定しないでください。

(参考)「文献管理ツールの設定にご注意ください」