メニュー
   

大型コレクション(2007年度~)

米国国立公文書館(NARA)所蔵「米国国務省機密文書」から戦後を中心とする東南アジア各国の国内事情・外交事情文書

米国国立公文書館(National Archives and Records Administration, NARA)が所蔵する米国国務省機密文書のうち、機密解除された第二次世界大戦後から冷戦期における東南アジアに関する文書のコレクション。東南アジア各国におけるアメリカ公使館・領事館など各機関による報告書、意見書、政府間覚書、公文など機密解除された外交文書からなる。アメリカとの外交交渉はもちろんのこと、政治、経済、軍事、産業、文化、教育など各国内政に関する詳細な情報も含まれ、戦後の東南アジアをめぐる国際関係および各国国内事情に関する最も重要な基礎資料の一つである。

参考:国立国会図書館 - 米国国立公文書館(NARA)所蔵 国務省文書について

形態

マイクロフィルム(410リール)

所蔵館

東南アジア地域研究研究所図書室

所蔵内訳

KULINE(京都大学蔵書検索)にリンクします。

購入希望部局

東南アジア研究所

購入年度

平成27年度(2015年度): 220リール

平成26年度(2014年度): 190リール

Print