メニュー
   

大型コレクション(2007年度~)

横濱正金銀行資料

貿易金融・為替決済のための特殊銀行として1880年に設立された横浜正金銀行(戦後、GHQにより解体された後、東京銀行となる)が所蔵していた未公開資料。天災・戦災や焼却による資料破損・散逸がなく、67年間に及ぶ全資料がまとまって残されている。

同行の業務である国際金融(貿易決済、外資導入、対外投資、正貨・外貨管理等)だけではなく、日本の対外関係全般、金融システムや経済発展の特質を解明するための基本資料であり、学術的価値が非常に高い。

形態

マイクロフィルム

所蔵館

経済学部図書室

所蔵内訳

KULINE(京都大学蔵書検索)にリンクします。

購入希望部局

経済学研究科

購入年度

平成29年度(2017年度): 529リール

平成28年度(2016年度): 355リール

Print