粗悪学術誌問い合わせ(報告)フォーム

特定のジャーナル(あるいは出版社)がいわゆる「ハゲタカジャーナル」(あるいはハゲタカ出版社)であると判断するのはたいへん難しく、様々な情報源から総合的に判断することが重要です。少しでも投稿先のジャーナルに疑念を感じた場合は、直ちに論文投稿を行わず、慎重にに検討・判断してください。 図書館機構では、粗悪学術誌に関する質問と報告を受け付け、調査回答と情報収集を行っています。

  • 質問:投稿先の検討の際、判断に迷うことがあれば、遠慮なくお尋ねください。調査のうえ、判断の材料となる情報を回答します。
  • 報告:投稿や査読の際に疑わしく思った事例があれば、ぜひお知らせください。事例を蓄積し、業務の参考とします。

質問・報告の内容は、個人情報を削除した形で集計し、研究支援に活用させていただきます。ご協力をお願いいたします。

粗悪学術誌に関する注意喚起に、詳しい情報や啓発リーフレットを掲載しています。あわせてご覧ください。

※フォームのご利用は学内の方のみを対象としています。

フォームが利用できない場合は、以下までご連絡ください附属図書館粗悪学術誌対応窓口Email:  pj at mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ※atを@に変更してください。


    事例報告・お問い合わせフォーム
    お名前 *
    ご所属(学部・研究科) *
    ご身分*
    e.g. 学部生, 院生(修士), 院生(博士), 研究生, 研修員, 教員, 職員, 名誉教授, その他
    メールアドレス * KUMAIL/KUMOIアドレスをお知らせください
    電話番号(内線番号) *
    お問い合わせ種別 * ご質問(回答を希望する)事例の報告(回答を希望しない)
    学内事例の蓄積・参考とするため、図書館機構からさらに詳しい事情をお尋ねすることについて * 不可
    不審の念を持ったジャーナル名・出版社名を具体的に記述してください(わかればURLも記載してください) *
    事例の種類・不審を感じた内容を選択してください *(複数選択可) メール等で執拗な投稿の勧誘があった論文の投稿を検討したが、投稿しなかった/迷っている論文を投稿した後に疑念を感じたレフリーの依頼がきたが、引き受けなかった/迷っているレフリーを引き受けた後に疑念を感じた編集委員の依頼がきたが、引き受けなかった/迷っている編集委員を引き受けた後に疑念を感じたレフリーや編集委員として許可なく名前を使用された他の研究者の体験談を聞いたその他(自由記述)※下欄にご記入ください
    不審に感じた点や実際に起こったトラブル、ご質問内容を具体的に記述してください *
    画像認証:スパム対策 * 下に表示されている4桁の文字列を、半角で入力してください。
    captcha

    入力内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。
    ご入力いただいたメールアドレス宛にも、控えのメールが送信されます。