メニュー
アーカイブ  | RSS |

教育用コンピュータシステムで年度更新による利用停止処理が実施されました

 投稿日時:2007-09-10 (2327 ヒット)
電子ジャーナル・データベース認証システムについてご協力いただき、ありがとうございます。 電子ジャーナル・データベースご利用にあたっては、本学情報環境機構が提供する教育用コンピュータシステムの利用コードをお使いいただいておりますが、 この度、研究生、研修員、非常勤教職員、研究員等の方で、年度更新手続きが必要で、かつ8月16日時点で未手続きの方について、教育用コンピュータシステムの利用停止処理が行われました。 これにより、現時点で認証システムが利用できなくなっている方がおられます。 情報環境機構が提供するメールシステムにログインできるかどうかで、教育用コンピュータシステムの有効、無効を確認することができます。 https://mail.ecs.kyoto-u.ac.jp/ メールシステムにログインできなくなっている場合は、アカウントが有効期限切れとなっていますので、情報環境機構に「利用再開申請」を行ってください。 詳細は、下記URLにて、ご確認ください。 http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/services/ecs/whatsnew/news/detail/01261.html なお、教育用コンピュータシステム利用停止・再開に関するメールでのお問い合わせは、下記までお願いいたします。 ・問い合わせ先 edu-qa@media.kyoto-u.ac.jp (情報環境部情報基盤課 教育システム支援グループ) [附属図書館電子情報掛]
Print