メニュー
アーカイブ  | RSS |

京大ArticleLinker のエクスポート機能が強化されました

 投稿日時:2012-01-19 (2052 ヒット)
論文リンクツール「京大ArticleLinker」のエクスポート機能が強化されました。 Export option of ArticleLinker has been enhanced. 書誌情報の一番下に表示されている Citation: Email or Export/Save で選択することができます。 You can select options on Citation: Email or Export/Save . ■ Email ・ 書誌情報をメールで送れます ・ RISフォーマット、HTML、Text、CSV の4つの形式から選択可能 ■ Export/Save ・ 書誌情報を文献管理ツール(RefWorks, EndNote等)にエクスポートしたり、Text形式やCSV形式でダウンロードすることができます ・ Plain Text, HTML, CSV 形式の場合、スタイルの選択が可能 ★ 注意 ★ ArticleLinker画面に表示されている情報がエクスポートされますので、実際は複数著者のある場合でも、エクスポートされる情報は第一著者のみです。 ただし、PMIDがある書誌情報をRefWorksにエクスポートする場合に限り、RefWorks でPubMedを再度検索するため、RefWorks に複数著者の情報が取り込まれます。 Even if there are plural authors, only first author is exported. But when the citation with PMID is exported to RefWorks, plural authors also are exported. □ 京都大学電子リソース:ヘルプ:論文リンクツール「京大Article Linker」を使う https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/erhelp/al.html [ 附属図書館電子情報掛 ]
Print