メニュー
京都大学附属図書館 >  サービス >  学外の方への利用案内

学外の方への利用案内

 

京都大学附属図書館では、京都大学の学生・院生および教職員の学習・研究のために多くの資料を所蔵収集しています。
これらの蔵書は一般にも広く公開しており、閲覧・検索・複写等のためにご利用いただけます。

ご来館の前に

  • 蔵書検索システム KULINE(クライン)で、お探しの資料があるかないか、
    あれば、どの図書館にあるか(所蔵館)をご確認ください。
    所蔵館が「附図」の資料は、当館で所蔵しています。
  • 所蔵館が「附図」以外の場合は、学内図書館/室一覧 で各館の利用案内をご覧ください。
  • 他大学や研究機関にご所属の方は、まず所属先の図書館等にご相談ください。
    一般の方はお近くの公共図書館(都道府県・市町村立図書館等)で利用できる
    資料もありますので、まずは公共図書館にお問合せください。
  • 『国書総目録』『日本古典籍総合目録』に「京大」等と記載されている資料、
    電子図書館の各種目録に記載されている資料については、参考調査の申込み からお問合せください。
  • 電子ジャーナルの複写申込は、ご所属機関の図書館または公共図書館を通じてお申込みください。
    直接来館された場合、即日、複写物をお渡しできない場合があります。
    出版社との契約上、学外の方にご提供できない電子ジャーナルもあります。直接来館される場合は、
    原則として事前に参考調査担当までFAXまたはメールでご確認ください。

ご不明な点があれば、来館の前にお問合せください。 連絡先

入館について

  • 1階受付で入館手続きをしていただきます。利用申請書に記入のうえ、身分証をご提示ください。
  • 入館バッジをお渡ししますので、よく見えるところに付けてください。退館時にはバッジをお返しください。
  • ロッカーは用意しておりません。貴重品は常に携帯してください。
  • 試験期間中は混雑が予想されるため、入館をご遠慮いただいております。
  • 入館は、図書館資料の閲覧・検索・複写に限定しております。 自習室としての利用は、固くお断りします。
  • 見学を希望の場合は、事前にご連絡ください。見学にあたってのお願い  連絡先
  • 調査・研究のため継続的に図書館を利用される卒業生の方には、卒業生カードを発行ています。
    申請方法は 卒業生カードの申請・交付 をご覧ください。

ご利用可能時間

開館時間内であればご利用いただけます。開館カレンダーをご確認ください。
サービス内容 平日(月~金) 土・日・祝日
開架図書の閲覧
9:00-22:00
10:00-19:00
蔵書検索
9:00-22:00
10:00-19:00
書庫内図書出納 * 昼休み中は行いません。(12:00 - 13:00)

9:00-12:00,

13:00-21:00

10:00-12:00,

13:00-18:00

マイクロ資料閲覧

*リーダーの予約はできません。

* 混雑時は一人2時間まで。

* 昼休み中は行いません。(12:00 - 13:00)

9:00-12:00,

13:00-16:45

-
参考調査
9:00-16:45
-
文献複写 * セルフコピー機は、土・日・祝日も利用可能です。
9:00-16:45
-
貴重書閲覧 * 要予約
詳しくは 「貴重図書の閲覧」 をご覧ください
-

利用について

  • 1Fおよび2Fの閲覧席をご利用ください。
  • ラーニング・コモンズは原則としてご利用いただけません。
  • 資料の検索は KULINE をお使いください。
    KULINEで検索できない資料は、カード目録や冊子体目録をご利用ください。(参考カウンターへお問い合わせください。)
  • 書庫内の資料は職員がお出しします。入庫カウンターでご請求ください。
  • 書庫内資料の閲覧、および資料の一時帯出の際には、身分証明書、またはそれに代わる物をお預かりします。(免許証 / 保険証 等)
  • 館内のコピー機は、現金対応2台、大学生協プリペイドカード対応1台がご利用いただけます。
    詳しくは、「館内資料のコピー」 をご覧ください。
    資料の状態によって、ご自身でコピーしていただけない場合や、マイクロ撮影でご利用いただく場合もあります。(相互利用担当)
  • 来館前、事前の所蔵調査が確実です。FAX で受付けています。(参考調査担当)
  • 貴重書の閲覧は、事前申請・許可制です。できません。閲覧希望日の一週間前までにお申し込みください。
    詳しくは、「貴重図書の閲覧」 をご覧ください。
  • 京都大学が契約しているオンライン・データベースやCD-ROMは、原則としてお使いいただけません。
    また、電子ジャーナルは一部をのぞき、閲覧をご遠慮いただく場合があります。参考カウンターへお問い合わせください。

原則としてご利用になれない資料

  • オンラインデータベース
  • AV資料(DVD、音楽CD、カセットテープ等)
  • 劣化し破損した資料

【附属図書館資料サービス掛 2017.5.26更新】