メニュー
アーカイブ  | RSS |

Scopusを使った論文の著者向け引用アラートサービス

 投稿日時:2009-02-05 (11017 ヒット)
Elsevier(エルゼビア)社の論文データベース"Scopus"を使った、論文の著者向けサービス"CiteAlert"が始まっています。 論文データベース"Scopus"に索引付けされている2005年以降の論文が"ScienceDirect"で発行されたジャーナルに掲載された論文に引用された場合に、Scopusに登録されている著者(のメールアドレス)に自動的にアラートメールが送られてくる、というサービスです。 詳しくは、Elsevier社のプレスリリースをご覧ください。 ■ CiteAlert http://www.elsevier.com/wps/find/authorsview.authors/cite_alert ●Elsevier Launches CiteAlert http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_01115 ScienceDirect/Scopus収録誌に論文を発表される京都大学の研究者・大学院生のみなさんは多いと思いますので、ご活用ください。 ■ Scopus http://www.scopus.com/ また、Elsevier社は、"ScienceDirect""Scopus""Scirus"と連携した新しいサービスを展開しています。 ○SciTopics http://www.scitopics.com/ 学術的なトピックを専門家が解説し、関連するニュースや論文を紹介するサービス。 ○Scopus Journal Analyzer http://www.scopus.com/scopus/source/eval.url 学術雑誌の比較を行う機能。年毎の掲載論文数や被引用数等について、同時に10タイトルまでのジャーナルをグラフで比較することができます。 ○Scopus TopCited http://www.topcited.com/ 分野別に最も引用された論文トップ20を一覧できるウェブサービス。 ○2collab http://www.2collab.com/ 研究者向けのソーシャルブックマークサービス。 ○エルゼビアから出版されたジャーナル論文の利用方法: 実用ガイド(2008. 第3版) http://japan.elsevier.com/news/lc/lcp0403jpn.pdf ●京都大学で利用できる電子ジャーナル https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/gakunaiej.html ●京都大学で利用できるデータベース https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/gakunaidb.html [附属図書館電子情報掛]
Print