メニュー
アーカイブ  | RSS |

SciFinder (Web) 最新ヴァージョンがリリース

 投稿日時:2009-12-08 (3240 ヒット)
SciFinder (Web) 最新ヴァージョンがリリースされ、新機能が使えるようになりました。 ■SciFinder (Web) https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/lusr/sfs2007.html#sfsweb ◇SciFinder(Web 版)最新バージョンの新機能: ・反応検索の強化(類似反応の検索,溶媒による限定など) ・回答集合の並び替え機能強化(反応ステップ数,収率,発行年,類似度など) ・物性情報のMicrosoft Excel へのエクスポート ・物性検索・情報の強化(物性値による物質回答の限定など) ・組織内の任意の SciFinderユーザを選択して情報共有できるコラボレーション機能 ・文献へのタグ付与とコメント書き込み・共有 ・表示・印刷・保存形式のカスタマイズ 新機能の詳細については下記資料をご覧ください. http://www.jaici.or.jp/sci/sfweb_2009new.pdf ◇自動解析機能の強化 検索結果の表示画面右側に表示される自動解析機能で,最大 20,000 件の回答まで,自動的に全件解析が行われるようになりました.従来は回答件数が 1,000件未満の場合のみ,自動的に全件解析が行われていましたので,この強化により手間を省き,各解析項目ごとの文献件数を確認いただけます. ◇速度改善 検索結果一覧画面の表示速度が改善されました. ◇Java 1.5 への対応 今回の改善により,Java バージョン 1.5 の環境でも構造作図ができるようになりました. ただし,Java 1.6 より前のバージョンは,Java の開発元である Sun Microsystems のサポートが終了していることから,ご自身の責任においてご利用ください. [附属図書館電子情報掛]
Print