メニュー
アーカイブ  | RSS |

(再掲)【附属図書館】台風による開館の判断方針について

 投稿日時:2011-09-20 (5955 ヒット)
台風が接近した場合は、次の方針により、開館/閉館/開館時間変更を判断します。   ◎気象庁(京都地方気象台)の情報を元にします。    ◎基準となる対象地域は、京都市又は京都市を含む地域とします。  ■開館→閉館の判断  1.開館中   現在、強風域であって、おおむね3時間後に暴風警報の発令が   予測される場合、1-2時間後に閉館します。  2.開館前に接近(平日)     午前6時30分時点で暴風警報が発令されている場合、開館しません。  3.開館前に接近(平日以外)   午前7時30分時点で暴風警報が発令されている場合、開館しません。  ■閉館→開館の判断  1.平日  暴風警報が解除された1時間30分後に開館します  (ただし、担当職員が出勤できている場合。出勤できていない場合は、  職員が図書館に到着し開館準備ができしだい開館します)。    注)開館時間が午後5時を過ぎる場合は開館しません。  2.平日以外  暴風警報が解除された1時間30分後に開館します。  (ただし、担当職員が出勤できている場合。出勤できていない場合は、   職員が図書館に到着し開館準備ができしだい開館します)。   注)開館時間が午後2時を過ぎる場合は開館しません。                      附属図書館情報サービス課
Print