メニュー
アーカイブ  | RSS |

【附属図書館】★終了★ 6/23 15:00 「かおりの生態学 : 植物のかおりが織りなす生き物の関係」 -Lecture Series 第8回-

 投稿日時:2015-06-03 (1892 ヒット)
図書館ロゴ    Lecture Series <第8回>  



             かおりの生態学
      - 植物のかおりが織りなす生き物の関係-

 
★本レクチャーは終了しました。多数のご参加ありがとうございました。★

レクチャー1     レクチャー2
                     塩尻かおり先生                            レクチャーの様子

 

<レクチャーの概要> (塩尻先生より)

 葉っぱをちぎってみてください。どんな”かおり”がしますか?実はそのかおりは、どの虫に食べられているか、どの病気にかかっているかによって異なるのです。さらに、夜と昼とでも異なるのです。そして、そのかおりは生き物にとって情報となり、かおり受容した生き物の行動や形質に変化をもたらします。
 本レクチャーでは、目にみることのできない”かおり”がいかに情報源になって生き物同士の関係を築いているのかを、私の研究成果をもとにお話ししたいと思います。さらに、そのかおり情報を使った農業技術についても紹介します。

      

    日 時  平成27年6月23日(火) 15:00 - 16:15

   ■ 会 場  京都大学附属図書館1階 ラーニング・コモンズ

   ■ 話 者  塩尻 かおり氏
            (龍谷大学農学部植物生命科学科講師 / 
                              前京都大学白眉センター特任助教)    

   ■ 対 象  京都大学の学部学生、大学院生

   ■ プログラム(予定)
          15:00 - 15:40 塩尻かおり氏によるレクチャー
          15:40 - 16:15 質疑応答


*自由参加です。直接会場へお越しください。


 ちらしはこちら(↓)

0625レクチャーシリーズちらし 0625レクチャーシリーズちらし2

 

[講師略歴]
京都生まれ、京都育ち、京都在住。年齢は内緒。北海道大学農学部卒、京都大学大学院農学研究科修了後、海外学振でカリフォルニア州立大学デービス校にて博士研究員。その後、国内学振で京都大学生態学研究センターに所属しつつ、東海岸のバージニア州立大学、ニューヨーク州立大学アルバニー校とアメリカに滞在。2010年から京都大学白眉センターの特定助教となり、5年の任期満了後、龍谷大学農学部講師としてようやく定職を得る。植物の匂いがもたらす生物間相互作用が本職のテーマだが、「匂い(かおり)」をキーワードに異分野融合研究を始めている。


[問合先]
京都大学附属図書館 参考調査掛
TEL: 075-753-2636
 e-mail: ref [at]kulib.kyoto-u.ac.jp

 

 


Print