メニュー
   

参考調査依頼に対する受付・回答内規

利用者の皆様からの参考調査を対面、電話、メールなどの手段で受付ける範囲は以下の通りです。【附属図書館利用支援課】

学外からの参考調査依頼を受付・回答する範囲

  1. 京都大学の学術研究成果物に関すること
  2. 京都大学に所蔵する資料に関すること
  3. 多大な時間を要する調査についてはお断りすることがある
  4. 資料の複写物を送信することによる回答は原則として行わない

回答できない調査内容

  1. 個人のプライバシーに関わる事項の調査
  2. 合理的な検索手段のない記事や写真などの調査
  3. 網羅的な文献目録の作成
  4. 法律相談、医療・投薬相談

資料の提供・案内に止める調査内容

以下の調査内容については、回答を行わず、資料の提供・案内に止める

  1. 文献の解読、注釈、翻訳、抜粋の作成
  2. 学習課題、レポート・卒論の内容に関する調査
  3. 研究評価、将来予測など、図書館職員の推理、推論、価値判断を求める調査
  4. 古書・古文書・美術品などの鑑定および市場価格の調査
  5. 図書の売却の斡旋・仲介
Print