メニュー
アーカイブ  | RSS |

KURENAI: 【イベント】第3回SPARC Japanセミナー/DRFtech-Kyoto を開催します(9/7-9)

 投稿日時:2009-08-18 (4241 ヒット)
9月7-9日に、京都大学附属図書館ライブラリーホールで、京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI)事業に関連する、2つのイベントを実施します。 お申し込み不要、参加自由です。学外からお越しになる方は、附属図書館入口カウンターに申し出て入館してください。 ■(1)■第3回 SPARC Japan セミナー2009/RIMS 研究集会 「数学におけるデジタルライブラリー構築へ向けて-研究分野間の協調のもとに」 http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2009/20090908.html ○日時 :  平成21年9月8日(火) 13:30-16:00  平成21年9月9日(水) 10:00-15:50 ○場所 : 京都大学附属図書館 ライブラリーホール     http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm ○主催 : 京都大学数理解析研究所 ○共催 : 国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業 (SPARC Japan) 京都大学図書館機構 ○概要 :   京都大学数理解析研究所(RIMS)ではRIMS研究集会「数学におけるデジタルライブラリー構築へ向けて」を開催します。2005年から2008年までに開催した研究集会「紀要の電子化と周辺の話題」では主に数学系ジャーナルおよび紀要等の電子化に関する研究成果の発表と諸分野との情報交換とが中心でした。今回は世界的なDigital Mathematics Library(DML)構築の流れを受け、これまでに蓄積した成果および問題意識を諸分野の各ジャーナルおよびデジタ ルリポジトリと共有し、同時に諸分野の成果と問題点との関わりを議論する場とします。数学と直接の関連をもたない研究分野のジャーナルでも数式を含む論文が多数含まれることは珍しくありません。数学においても多様なメディア等への対応、computationの発達に伴うeScience的なデジタルライブラリーの構築には諸分野での経験が活かせると考えます。日本において学術情報コミュニケーションを実際に担うグループは必ずしも大きくなく、数学分野と諸分野との相互交流を深めることで学術コミュニケーション全体を活性化することは必ずそれぞれの分野に還元されるはずですので、この機会にご参集いただければ幸いです。  研究代表者:行木 孝夫(北海道大学大学院理学研究院) ●プログラム ---------- 9月8日(火) ---------- 13:30-14:10 麻生和彦(東京大学数理科学研究科) 「東京日光シンポジウム(1955)講演音声テープのデジタル化とその活用方法」 14:30-15:00 西村暁子(京都大学附属図書館情報管理課) 「図書館の電子ジャーナル化事業:KURENAIの数学文献を中心に」 15:20-16:00 佐藤翔(筑波大学図書館情報メディア研究科) 「機関リポジトリのアクセスログ解析:分野別傾向」 ---------- 9月9日(水) ---------- 10:00-10:50 高久雅生(物質・材料研究機構科学情報室)、 谷藤幹子(物質・材料研究機構科学情報室) "NIMS eSciDoc - a Subject Repository in Materials Science and Its Applications Towards eScience" 11:00-11:50 Malte Dreyer (Director, Max Planck Digital Library, Germany) "eSciDoc, Data Repository in Science --- Trends and Practice in Europe" 13:20-13:50 行木孝夫(北海道大学大学院理学研究院)、黒田拓(北海道大学大学院理学研究院) 「国内数学系ジャーナルの概要とDigital Mathematics Library」 14:00-14:30 横井啓介(東京大学大学院情報理工学系研究科)、相澤彰子(国立情報学研究所) 「デジタルライブラリーにおける類似数式検索」 14:40-15:10 鈴木昌和(九州大学大学院数理学府) TBA (文書処理における数式認識技術) 15:20-15:50 Mira Waller and David Ruddy (Project Euclid) TBA (Overview of Project Euclid) プログラムについて詳しくは、下記の案内をご覧ください。 http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2009/20090908.html ■(2)■DRF技術ワークショップ(技術と研究が出会うところは) 「Workshop of Application of Repository Infrastructure for eScience and eResearch ----研究成果やデータを永久保存していく活動へ向けて」 http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRFtech-Kyoto ○日時:  2009年9月7日(月)13:00-16:30 ○場所:京都大学附属図書館ライブラリーホール     http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm ○主催:Digital Repository Federation (DRF), 独立行政法人物質・材料研究機構 ○共催:京都大学図書館機構 ○対象:IR技術者(思想設計・システム開発にかかわってきた人)     IR利用者(研究者・研究分野を超えて主役として成果の保存と発信に関心のある人)     そのほか一般の方の参加も歓迎します ○企画趣旨:  研究成果やデータを永久保存していく活動は、研究組織の維持や発展のために必要なシステムであると同時に、研究者のセルフアーカイブすなわちprivate libraryとして日常的に利用でき、かつ発信力をもって流通することが可能な仕組みに研究者も関心を持つようになりました。例えば研究室内の研究成果や実験データなどを研究室サーバーに集積して、研究室内で共同利用したり、個人でデータベースを構築してホームページから公開することも普通に行われるようになりました。そのような日常において、安定し、永続的に継承できる知識アーカイブとしての仕組み(インフラストラクチャ)が、昨今の様々なウェブ技術や無料サービス、あるいはオープンソースのソフトウエアで実現できるようになり、それらをデジタルアーカイブ(リポジトリ、データベース)あるいはeScience,eResearchと称して研究環境全体を包括して捉えられる時代にまで進んできました。そのような中で、技術志向に陥ることなく、しかし研究者の体温にあったアーカイブ環境はいかなるもので、それに応える技術やウェブ社会の方向性、といったところをざっくばらんに話す座談の場として本ワークショップを企画しました。研究分野や年代による違い、あるいは組織や国を超えて、科学研究の永続的な保存と発信に向かって、認識を共にする方々の参加をお待ちしています。また飛び入りプレゼンも歓迎します。  物質・材料研究機構 谷藤幹子・高久雅生 ●プログラム <テーマ1 研究環境を理解する> 13:00-14:30 研究者が日常的に使う情報環境と望むこと(資源、データ形式、取り出し、自前DBとの同期など).研究分野を越えたメタデータ/コンテンツ共有の必要性・可能性・問題点 ・行木孝夫(北大、数学分野、研究者視点) 「Network of Digital Repository in mathematics community」 ・轟眞市 (物材機構研究員、材料科学分野、研究者視点) 「セルフアーカイビング事例から読み解く、研究情報環境が備えるべき機能」 ・植田憲一(電通大教授、研究者視点)、米田仁紀(電通大准教授、研究者視点) 「(演題未定)」 <テーマ2 情報環境を共有する> 14:30-15:50 世界で進むデータアーカイブの動き、日本のIRアプリケーション(今やっていること、考えていること)、そのためのリポジトリアプリケーションの可能性・実効性 ・坂東慶太(My Open Archive、システム視点) 「草の根リポジトリ活動から見た、学術流通とリポジトリ」(仮題) ・Malte Dreyer (マックスプランクデジタルライブラリー、インフラ視点) 「New phase of eSciDoc -- Solution for eScience, Comparison of IRsoftwares」 ・高久雅生 (物材機構エンジニア、システム視点) 「NIMS eSciDoc -- a feedback from Japanese aspects」 <テーマ3 横断的にディスカッション> 15:50-17:30 将来の科学情報資源をざっくばらんに議論しましょう。YouTubeなどの画像、FaceBookなどのSNS、蓄積した情報資源の活用技術(辞書化、意味検索、分類、編集からパーソナライズまで) ・杉田茂樹、鈴木雅子(デジタルリポジトリ連合) 「“Beyond Institutional Repositories”及び“Beyond Romary & Armbruster on Institutional Repositories”レビュー」 ・長神風二(東北大脳科学グローバルCOE特任准教授) 「リポジトリからe-Scienceへ:サイエンスコミュニケーターからの提案」(仮題) プログラムについて詳しくは、下記の案内をご覧ください。 http://drf.lib.hokudai.ac.jp/drf/index.php?DRFtech-Kyoto [図書館機構]
Print