【図書館機構講習会】学術出版の中の人が語る論文投稿(12/2-12/16)

 投稿日時:2022-11-21 (582 ヒット)

学術出版の中の人が語る論文投稿

 

図書館機構では、12/2(金)~12/16(金)に論文投稿に関る3つの講習会を開催します。
うち2件は、学術情報提供社および学術出版社から講師を招き、実践的な論文執筆、投稿に関するトピックを解説します。
1件は、附属図書館職員が論文の投稿先選定に必要な知識、ハゲタカジャーナルへの注意等について解説します。ぜひご参加ください!

(1)論文投稿講座 論文作成に役立つ研究メソッド(講師:クラリベイト)
(2)アクセプトされやすい英語論文とは?~出版社の立場から~(講師:エルゼビア)
(3)論文投稿で後悔しないために(講師:附属図書館)

内容とレベル︓(4)情報発信(研究)
参考:京都大学図書館機構 学術情報リテラシー教育支援のためのルートマップ

期間:2022年12月2日(金)~12月16日(金)
場所:オンライン(ZoomまたはWebEx)
お申込み:
お申込みフォームはこちら!(Google フォームへジャンプします)
・参加希望日の前日17:00までにお申込みください。
・お申込み内容の確認後、参加方法等をご連絡します。
・お申込みは、本学所属の方に限ります。

○録画は後日学内限定で公開予定です。申し込まれた方には、直接録画公開のご案内をお送りします。

日程と内容:

(1)論文投稿講座 論文作成に役立つ研究メソッド
日時:2022年12月2日(金) 17:00-18:00
講師:クラリベイト シニアマネージャー、カスタマーサクセス 熊谷 美樹氏
内容詳細:
論文投稿には本文の書き方や英語表現とともに、執筆の前後のフローにも重要なコツやノウハウがあることをご存知ですか?
アクセプトされる論文を書くために重要な研究の進め方や、 Web of ScienceやEndNote などのツール活用による効率的な論文執筆フローをご紹介します。

(2)アクセプトされやすい英語論文とは?~出版社の立場から~
日時:2022年12月9日(金) 17:00-18:00
講師:エルゼビア・ジャパン株式会社
内容詳細:
論文投稿には、数々のプロセスがあります。この講習会では、適切なジャーナルの選択、出版倫理、論文の構造、科学英語、などのトピックを解説します。また、近年のオープンサイエンスによるプレプリントサーバーの普及、投稿論文数の推移など、学術出版社の立場からジャーナル論文執筆のヒントと最近の論文投稿プロセス、についてご紹介します。

(3)論文投稿で後悔しないために
日時:2022年12月16日(金) 17:00-18:00
講師:附属図書館職員
内容詳細:
これから論文を投稿する方を対象に、インパクトファクター、査読、粗悪学術誌…等々、
論文の投稿先を選ぶ際に気を付けるべきポイントをコンパクトに紹介します。

主催:京都大学図書館機構
お問合せ:附属図書館利用支援掛
Email: ref660(アットマーク)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[附属図書館 利用支援掛]

 

【附属図書館】動画で学べるミニ知識「大学生活と著作権」「参考文献リストをつくる」を公開しました

 投稿日時:2022-11-18 (426 ヒット)

図書館機構では、「動画で学べるミニ知識」として、
著作権や参考文献リストについての講習会動画を公開しました。
どれも5分前後の短い動画です。ぜひお気軽に視聴してください。

poster

------------------------------------------------------------------------------------------------

■大学生活と著作権
 (1) あなたの生活と著作権
 (2) レポート・論文と著作権
みなさんの学生生活と著作権は、どのように関わりがあるのでしょうか。
身近な話題や、レポート執筆に関係する内容を図書館の立場から説明します。
 
■参考文献リストをつくる
 レポート作成時に欠かせない、参考文献リスト。
 その仕組みと書き方、便利なツールを説明します。

以下URLから視聴できます。
https://cls.iimc.kyoto-u.ac.jp/x/QZSMu9
※オンデマンド配信のみ(学内限定)
※ECS-ID・SPS-IDでのログインが必要です。

------------------------------------------------------------------------------------------------

内容とレベル︓(4)情報発信(初級・中級)
(参考︓京都大学図書館機構 学術情報リテラシー教育⽀援のためのルートマップ

こんな方におすすめ:
レポートを実際に書いている方。おもに学部1~3回生。

京都大学図書館機構
お問合せ:附属図書館利用支援掛
        Email: ref660(at)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[附属図書館 利用支援掛] 2022.11.18投稿

 

サービスを再開しました→【メンテナンス】京都大学貴重資料デジタルアーカイブ(2022年11月24日)

 投稿日時:2022-11-17 (341 ヒット)

※メンテナンスを完了し、サービスを再開しました。

システムメンテナンスのため、京都大学貴重資料デジタルアーカイブは下記の日程でサービスを停止します。

【2022年11月24日(木)10時から14時】
※メンテナンス作業が終了次第、サービスを再開します。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、あらかじめご了承ください。

 

【システム】KULINE横断検索の障害について

 投稿日時:2022-11-16 (342 ヒット)

以下の横断検索の障害は復旧しました。(2022/11/16 18:00)
・British Library
・同志社大学
・京都府立大学
・龍谷大学

 

現在KULINEの横断検索において、以下のサイトで検索が失敗となる障害が発生しています。

・British Library
・同志社大学
・京都府立大学
・龍谷大学
・WorldCAT

現在、解消に向けて対応中です。
ご迷惑をおかけしますが、復旧までしばらくお待ちください。

 

[附属図書館 図書館企画課 情報基盤掛]

 

【復旧済】【トラブル】蔵書検索KULINEや図書館機構サイト等につながりにくい

 投稿日時:2022-11-16 (131 ヒット)

2022年11月15日8:00頃から蔵書検索KULINEにつながりにくい状況が発生し、同日13:00頃に部分的に復旧しました。その後も横断検索等の機能で引き続きつながりにくい状況があり、同日21:00頃に解消しました。ご迷惑をおかけいたしました。

また、同日午前中に図書館機構Webサイトや一部の図書館・室のWebサイトにつながりにくい状況が発生しておりました。こちらも復旧しています。

 

[附属図書館 図書館企画課 情報基盤掛]

 

終了しました:【図書館機構】図書館ネットワークサービスの一時休止について(10月23日 5時~20時)

 投稿日時:2022-10-21 (3335 ヒット)

【終了しました】本日の作業を終了しました。現在はご利用いただけます。ご迷惑をおかけいたしました。

吉田キャンパス受変電設備等定期点検整備による停電にともない、下記のとおり図書館ネットワークサービスを一時休止いたします。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。
電子ジャーナル・データベース認証システムは通常通り利用できます。

■休止期間:2022年10月23日(日) 5時~20時(予定)
※ 作業終了次第、サービスを再開します。

■休止するサービス
1.蔵書検索KULINE
2.オンライン申込機能(貸出更新・予約・ILL依頼(文献複写・現物貸借)等)
3.MyKULINE

※ KULINE休止中の蔵書検索について
  KULINE休止中に京都大学の蔵書を検索する場合は、CiNii Booksから図書・雑誌を検索してください。
  詳細は「KULINE 休止中に京都大学の蔵書を検索するには」 をご覧ください。

※ 以下のサービスは通常通り利用できます。
  ・電子ジャーナル・電子ブック・データベース(含電子ジャーナル認証システム)
  ・京都大学学術情報リポジトリ (KURENAI)
  ・京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
  ・図書館機構・附属図書館ホームページ

※ 休止時間中に配信予定の以下のメールは、当日復電後に配信します。
  ・返却期限日お知らせメール
  ・自動督促メール
  ・KULINEアラートサービス

[図書館機構]

 

【図書館機構】遠隔地における図書館利用状況アンケートの実施について(-10/31)

 投稿日時:2022-10-13 (1389 ヒット)

図書館機構では、遠隔地において研究等に従事する教職員や学生を対象に、図書館資料や図書館サービスの利用状況についてのアンケートを行います。

1.対象:遠隔地の施設等において、研究等に従事する教職員、学生。

2.回答方法:アンケート調査フォームにアクセスしてご回答ください。

  日本語版 https://forms.gle/GTXGWqVKisq2PaZX7

  英語版 https://forms.gle/DCtsCaZ55DULP1Ng8

3.回答期限:2022(令和4)年1031日(月)

 

附属図書館 図書館企画課 図書館企画掛

e-mail: kinoh-toku-jm660[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

 

[予告]【学内向け・重要】電子ジャーナル・データベース認証システムが変わります

 投稿日時:2022-10-03 (3222 ヒット)

2023年4月から電子ジャーナル・データベース認証システムが「専用プラグイン」方式からクラウド版Proxy Serverサービスを用いた新システムに変更になります。

Google Chromeにて、現行の電子ジャーナル・データベース認証システムである、専用プラグインシステムをご利用の場合は、2022年12月末に利用できなくなる可能性があるため、2023年1月までに新認証システムの設定が必要です。
運用開始日、設定方法など詳細については、2022年11月末(予定)に改めてお知らせいたします。

1. 新認証システムの概要

  • 新認証システムではユーザと電子ジャーナル・データベースの間を仲介するクラウド版Proxy Serverサービスを使用します。
    新認証システムを経由することで、学内だけでなく学外からも電子ジャーナル・データベースにアクセスすることが可能です。
  • 京都大学統合認証システムとの連携によりECS-ID/SPS-IDでのシングルサインオンが可能です。



2. 現行の「専用プラグイン」方式からの変更点

  • Google Chrome および Mozilla Firefoxだけでなく、Microsoft EdgeやSafariのほか、新認証システムはJavaScriptを許可しているほとんどのブラウザで互換性があります。
    動作確認ができているブラウザ、Google Chrome, Microsoft Edge, Mozilla Firefox (Windows)、Safari (Mac)、Android OS、Safari (iOS)でのご利用を推奨します。
  • スマートフォンやタブレット端末でも利用可能です。
  • 各自でブラウザに新認証システムブックマークレット(ブラウザのブックマークに登録して利用するJavaScriptで記述された簡易的なプログラム)の設定が必要です。
    一度設定すれば、継続的にご利用いただけます。
  • 電子ジャーナル等のサイトでブックマークレットをクリックして、ECS-ID/SPS-IDで認証を行うことで、新認証システム経由の接続となり、本文等にアクセス可能になります。

3. 新認証システムの設定および利用方法

  • 設定および利用方法の詳細は11月末(予定)にお知らせします。
    1. 新認証システムをブックマークに登録(ブックマークレット)※ブラウザ毎初回のみ
    2. 電子ジャーナル・電子ブック・データベースにアクセス
    3. 新認証システムのブックマークレットをクリック
    4. 京大統合認証システムによる認証(ECS-ID/SPS-ID)
    5. 電子ジャーナルの本文等が表示
    6. 利用を終了する場合、ブラウザを閉じて新認証システムからログアウト

4. 移行スケジュール

  • 2022年11月末: 新認証システム設定方法お知らせ(事前設定が可能)
  • 2022年12月末: 現行専用プラグイン方式 Google Chrome版の利用終了(予定)
  • 2023年1月-3月末: 現行専用プラグイン方式(Mozilla Firefox版のみ)と新認証システムの両方が利用可能
  • 2023年4月: 新認証システムへ完全移行(現行専用プラグイン方式の利用終了)

[予告]【重要なお知らせ】電子ジャーナル・データベース認証システムが変わります(PDF)

【お問い合わせ先】
図書館機構 認証システム担当/附属図書館電子リソースチーム
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/form/14106

 

【復旧しました】(9/28追記)【トラブル】電子ジャーナル・データベース専用プラグイン(Google Chrome版)が利用できません(9/26)

 投稿日時:2022-09-26 (3028 ヒット)

本障害は復旧しました。(2022.09.28 13:00)

(2022/9/28 追記)


2022年9月22日(木) 夜より、電子ジャーナル・データベース専用プラグイン(Google Chrome版)にトラブルが発生しています。
解消に向けて、Chromeウェブストアの設定変更に伴う手続きを行っています。

主なトラブル内容:
・専用プラグインダウンロードサイトから、Chromeウェブストアにアクセスできない →2022/9/28解消
・専用プラグインのアイコン(開いた本の上にKUのマーク)が表示されない →2022/9/28解消、下記手順で再表示が可能
・「この拡張機能は Chrome ウェブストアのポリシーに違反しています。」と表示される →2022/9/28解消

Google Chrome版の専用プラグインをダウンロード済で、専用プラグインのアイコン(開いた本の上にKUのマーク)が表示されて
いない場合は、以下の手順で、
再度、専用プラグインがご利用いただけるようになります。

1.  ブラウザ右上のパズルのピースのアイコンをクリック
2. 「Kulib EJDB service」 の
右の点が縦に3つ並んだアイコンをクリック
3. 「動作モード: 有効」を選択
4.  「Kulib EJDB service」 の
右のピンのマークをクリックして固定

専用プラグインを削除された方は、ダウンロードサイトから再ダウンロードをお願いいたします。

■専用プラグインダウンロードサイトへのリンク■
https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/plguide.html(要ECS-ID/SPS-ID)

※依然としてエラー等が発生する場合、ブラウザの設定やPC端末等が持つキャッシュにより、表示の遅延・不整合が発生する場合が
 ありますので、お使いの端末について、期間は「全期間」として、ブラウザのキャッシュのクリアをお試しください。

 参考:キャッシュのクリアってどうすればよいですか? | よくある質問 | 京都大学情報環境機構
    http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/faq/general/general/post_159.html

ご不便をおかけしまして申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

========================================================================================================

(2022/9/26 投稿)

技術的な問題が発生しているため、電子ジャーナル・データベース専用プラグイン(Google Chrome版)が利用できません。

申し訳ございませんが、解決までは、Firefox版の電子ジャーナル・データベース専用プラグインをご利用ください。

 「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Firefox版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_firefox_ja.pdf  

 

【完了】【メンテナンス】SINETメンテナンスに伴う学外通信停止について(10/9 1:00-3:00のうち数分程度)

 投稿日時:2022-09-13 (1950 ヒット)

京都大学の上位回線である学術情報ネットワークSINETメンテナンス作業に伴い、2022/10/9(日) 1:00 - 3:00の間で数分程度の学外への通信停止が発生する場合があります。

 ■SINET緊急メンテナンスについて
  https://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/whatsnew/maintenance/detail/220909057435.html

この間、蔵書検索KULINEを始めとする検索サービスや電子ジャーナル・データベース等の学外サイトへの接続もできなくなります。

利用者のみなさまにはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

[図書館機構]