【図書館機構】Firefox版 電子ジャーナル専用プラグインのアップデートについて(Ver.0.36)

 投稿日時:2022-01-25 (254 ヒット)

Firefox拡張機能(プラグイン)のプライバシーポリシー変更に対応したプラグインを1月25日に公開しました。

アップデート後は、Firefoxに専用プラグインをインストール(またはアップデート)する際に、「電子ジャーナル・データベース認証システムを利用するにあたっての注意事項と利用者同意事項」が表示されます。必ずご一読いただき、電子ジャーナル認証システムを利用する場合は、画面下の「同意の上ダウンロード」のクリックをお願いします。手順は「電子ジャーナル認証システム」使用方法もご参照ください。なおすでにFirefox版プラグインをご利用の方は、自動的にアップデートされます。

「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Firefox版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_firefox_ja.pdf

[附属図書館電子リソースチーム]

 

【図書館機構】KUINSの一時停止に伴う電子ジャーナル・データベース認証システム等の停止について(2月18日 13~15時)

 投稿日時:2022-01-20 (445 ヒット)

KUINSの機器更新に伴う学内ネットワーク一時停止のため、2月18日(金)13時から15時まで、電子ジャーナル認証システムなど図書館機構が提供するサービスが停止します。

 日時:●2022年2月18日(金) 13時から15時まで
     ※15~30分程度の停止が発生する予定

 影響範囲:・電子ジャーナル・データベース認証システム
      ・蔵書検索KULINE
      ・MyKULINE各機能(貸出更新・予約・ILL依頼(文献複写・現物貸借)等)
      ・国立国会図書館デジタルコレクション
      ・各図書館内利用者向け検索端末

※ このことにより、電子ジャーナル、データベース、電子ブックの閲覧、蔵書検索、文献複写申込、貸出期間延長等ができなくなります。
※ KULINE休止中の蔵書検索について
  KULINE休止中に京都大学の蔵書を検索する場合は、CiNii Booksから図書・雑誌を検索してください。
  詳細は「KULINE 休止中に京都大学の蔵書を検索するには」をご覧ください。

 

【延期】【図書館機構】SINET6への切替に伴う電子ジャーナル・データベース認証システム等の一時停止について(2 月11 日 9~10時)

 投稿日時:2022-01-20 (440 ヒット)

SINET6 への切替に伴い2月11日(金・祝)9時から10時にかけて、電子ジャーナル・データベース認証システムなど、学内から学外への通信を伴う図書館機構提供サービスが使用できません。

日時:2022(令和4)年 2 月11 日(金・祝) 午前9 時から10 時
      ※5分程度の停止が数回発生する見込み
      ※予備日:2/19(土)9:00~10:00
       2月11日(金・祝)に予定していた電子ジャーナル・データベース認証システム等の一時停止は延期します。
       新たな予定は判明次第お知らせします。

影響範囲:【学内で使用できないサービス】
      ・電子ジャーナル・データベース認証システム
      ・蔵書検索KULINE
      ・MyKULINE 各機能(貸出更新・予約・ILL 依頼(文献複写・現物貸借)等)
     【学外から使用できないサービス】
      ・電子ジャーナル・データベース認証システム
      ・蔵書検索KULINE
      ・MyKULINE 各機能(貸出更新・予約・ILL 依頼(文献複写・現物貸借)等)
      ・図書館機構や附属図書館など www.kulib.kyoto-u.ac.jp 上のウェブサイト
      ・京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
      ・京都大学学術情報リポジトリKURENAI、リポジトリ登録システム

※原則として学内に閉じた通信は影響しません。
※このことにより、電子ジャーナル、データベース、電子ブックの閲覧、蔵書検索、文献複写申込、貸出期間延長等ができなくなります。

 

【メンテナンス】図書館ネットワークサービス(KULINE)の一時停止について(1/19 22:00 ~ 1/20 7:00)

 投稿日時:2022-01-17 (2337 ヒット)

システムメンテナンスのため、下記のとおり図書館ネットワークサービスを一時休止いたします。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

休止期間:2022年1月19日(水) 22:00 ~ 2022年1月20日(木) 7:00
休止するサービス:KULINE、MyKULINE、オンライン申込機能
  • KULINE休止中の蔵書検索について
      KULINE休止中に京都大学の蔵書を検索する場合は、CiNii Booksから図書・雑誌を検索してください。
      詳細は「KULINE 休止中に京都大学の蔵書を検索するには」 をご覧ください。
  • 下記のサービスはご利用いただけます。
    1. 電子ジャーナル・電子ブック・データベース(含電子ジャーナル認証システム)
    2. 京都大学学術情報リポジトリ (KURENAI)
    3. 「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」
    4. 図書館機構・附属図書館ホームページ

[京都大学図書館機構KULINEサービス担当]

 

【図書館機構講習会】1/14:録画を公開しました 11/1(月)-11/11(木)「留学生学習サポート強化週間」 - 学習サポートデスク企画 -

 投稿日時:2022-01-14 (3487 ヒット)

留学生学習サポート強化週間

2022.01.14 追記
------------------------------------------------------------------------------------------------
「留学生学習サポート強化週間」の録画7本を公開しました!

(1)1時間でわかる日本語論文の書き方(上・下)
(2)日本語学術的表現の経験談
(3)実験レポートの作成方法
(4)科学的なプレゼンテーションとは
(5)LaTex実践チュートリアル
(6)日本の学会に参加するには
(7)電子リソースを使うには

以下URLから視聴できます。
https://cls.iimc.kyoto-u.ac.jp/x/QZSMu9
※学内限定公開のため、ECS-ID・SPS-IDでのログインが必要です。

当日参加できなかった方、参加した講習会をもう一度復習したい方は、ぜひご活用ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------

図書館機構では、11月に留学生の学習サポートを強化します。
学習サポートデスクの院生スタッフが英語・中国語・韓国語で講習会を行います。
関心のあるテーマに、ぜひご参加ください!

(1)1時間でわかる日本語論文の書き方(上・下)
(2)日本語学術的表現の経験談
(3)実験レポートの作成方法
(4)科学的なプレゼンテーションとは
(5)LaTex実践チュートリアル
(6)日本の学会に参加するには
(7)電子リソースを使うには

期間:2021年11月1日(月)~11月11(木)
場所:附属図書館3階講習会室(先着5名まで)+オンライン(Zoom)
お申込み:
お申込みフォームはこちら!(リンク先へ飛びます)
・参加希望日の前日17:00までにお申込みください。
・お申込み内容の確認後、参加方法等をご連絡します。
・お申込みは、本学所属の方に限ります。

○録画は後日学内限定で公開予定です。申し込まれた方には、直接録画公開のご案内をお送りします。
○講習会の内容だけでなく、学習をする上で疑問に思っていることがある場合は学習サポートデスクにご相談ください。

日程と内容:

(1)1時間でわかる日本語論文の書き方(上・下)
日時:2021年11月1日(月)(上)16:45-17:15、(下)17:30-18:00(上下各30分)
   2021年11月8日(月)(上)16:45-17:15、(下)17:30-18:00(上下各30分)
   *11月1日と11月8日の開催内容は同じ。上のみ、下のみの受講可。
開催言語:中国語 担当:教育学研究科 博士1年
内容とレベル︓(4)情報発信(上級)※

内容詳細(担当スタッフより):
論文の作成は、まず構成を重視すべきですが、日本語論文の執筆では語彙についての工夫も大事です。
本講習会では、上編:論文構成と下編:学術的語彙の2回に分け、
それぞれの観点から日本語論文の作成術を解説し、文章作成のスキルアップをはかります。
こんな方におすすめ:修士1、2回生の中国人留学生

(2)日本語学術的表現の経験談
日時:2021年11月2日(火) 16:45-17:15、18:25-18:55(30分×2回)
開催言語:中国語 担当:文学研究科 博士1年
内容とレベル︓(4)情報発信(上級)※

内容詳細(担当スタッフより):
自分で論文を書くときに言葉が出てこない、文と文、段落と段落とのつながりが見つからない、ということはありませんか?
そんな時は、論文でよく使われる表現を利用しながら、考えを整理し、論文の構成を整えます。
本講習会では、論文の構成に沿って、日本語の学術的文章でよく使われる表現について、中国語と比較しながら確認します。
こんな方におすすめ:学部や修士課程の中国人留学生

(3)実験レポートの作成方法
日時:2021年11月5日(金) 13:30-14:00、15:00-15:30(30分×2回)
開催言語:韓国語 担当:医学研究科 修士2年
内容とレベル︓(4)情報発信(初・中級)※

内容詳細(担当スタッフより):
実験の授業のあとに、提出しなければならない実験レポート。
その実験レポートはどう書けばいいのかをお話しします。
こんな方におすすめ:理系の学部留学生

(4)科学的なプレゼンテーションとは
日時:2021年11月5日(金) 16:45-17:25、18:15-18:55(40分×2回)
開催言語:英語 担当:工学研究科 博士1年
内容とレベル︓(4)情報発信(上級)※

内容詳細(担当スタッフより):
研究結果をどのようにプレゼンするか、理解していますか?
あなたのアイデアを伝えることが難しいと感じていませんか?
この講習会では、理系のプレゼンテーションについて、イントロから結論までの流れを紹介します。
こんな方におすすめ:理系のプレゼンスキルを磨きたい学生(学年は問わない)

(5)LaTex実践チュートリアル
日時:2021年11月10日(水) 13:30-14:15、15:00-15:45(45分×2回)
開催言語:英語 担当:情報学研究科 博士3年
内容とレベル︓(4)情報発信(中級)※

内容詳細(担当スタッフより):
LaTeXの初心者の方に向けた講習会です。
図表を含めた表を作成するまでを、段階を追って説明します。
こんな方におすすめ:これからLaTeXを習得したい人、基本的な使い方を知りたい人

(6)日本の学会に参加するには
日時:2021年11月10日(水) 16:45-17:15、18:25-18:55(30分×2回)
開催言語:英語 担当:経済学研究科 博士2年
内容とレベル︓(4)情報発信(上級)※

内容詳細(担当スタッフより):
初めて日本の学会に参加する方に、学会の情報を入手する方法、学会に参加する前後に気を付けることをお話しします。
こんな方におすすめ:3-4回生、大学院生(分野は問わない)

(7)電子リソースを使うには
日時:2021年11月11日(木) 13:30-14:00、15:00-15:30(30分×2回)
開催言語:英語 担当:理学研究科 修士2年
内容とレベル︓(1)情報計画(基礎)※

内容詳細(担当スタッフより):
京都大学が提供する電子ブック、電子ジャーナル、データベースの検索方法、利用方法の基本について説明します。
こんな方におすすめ:電子リソースの使い方を知りたい学生

※参考︓京都大学図書館機構 学術情報リテラシー教育支援のためのルートマップ

主催:京都大学図書館機構
お問合せ:附属図書館利用支援掛
Email: ref660(アットマーク)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[附属図書館 利用支援掛]

 

【メンテナンス】ProQuest プラットフォーム・Ebook Central (1/16)

 投稿日時:2022-01-12 (342 ヒット)

システムメンテナンスのため、下記日時にProQuest社の一部のサービスが停止します。
ご不便おかけしますが、ご了承ください。

 【サービス停止日時】
  ・2022年1月16日(日)  12:00 ~ 20:00(日本時間)

 【停止するサービス】
  ・The Bible in English
  ・British Periodicals
  ・Early English Books Online
  ・Early European Books
  ・Ebook Central
  ・ERIC
  ・Health & Medical Collection
  ・Historical Newspapers: Chinese Newspapers
  ・Historical Newspapers: The New York Times with Index
  ・History Vault
  ・Digital National Security Archive
  ・Library and Information Science Abstracts
  ・Linguistics and Language Behavior Abstracts
  ・Materials Science & Engineering Database
  ・New York Times
  ・Periodicals Archive Online
  ・Periodicals Index Online
  ・ProQuest Dissertations & Theses (PQDT) Global
  ・Research Library
  ・The Royal Shakespeare Company Collection
  ・Sociological Abstracts

参考:ProQuestサポートセンター お知らせページ(英語)
https://support.proquest.com/s/article/ProQuest-Notifications-and-Updates

[附属図書館電子リソース掛]

 

【図書館機構】2021年度京都大学図書館機構講演会「オープンデータとしての学術論文」

 投稿日時:2022-01-07 (1328 ヒット)

京都大学図書館機構は、京都大学重点戦略アクションプラン「オープンアクセス推進事業」の活動の一環として国際シンポジウム「オープンデータとしての学術論文」を開催します。
オープンデータは「制度面ならびに技術面における再利用性が確保された情報公開の枠組み」と認識されており、学術論文の制度面における再利用性の確保については、オープンアクセス運動で広く取り組まれてきています。一方、学術論文の技術面における再利用性の確保、すなわち機械可読性の実装については、タイトル、著者といった一部のメタデータでは実現されていますが、学術論文のその他の要素では十分に実現されていません。
本講演会では、「オープンデータとしての学術論文」に向けて、学術論文の参考文献リスト、本文という要素に注目した機械可読性の実現についての取り組みを紹介します。学術論文の参考文献リストのオープンデータ化、すなわちオープン・サイテーションについては、2019年度図書館機構講演会で扱っていることから、本講演会ではオープン・サイテーションの近年の動向を、人文社会学系分野の文献での実践例とともに扱います。また、本文の機械可読性の実現の取り組みとして、ドイツ国立科学技術図書館が中心となって欧州で進められているOpen Research Knowledge Graphを扱います。これらの講演によって、未来の学術情報流通像、そのために大学図書館ができることを考える機会としたいと思います。

主催:京都大学図書館機構

1.日時:2022年2月15日(火) 13:00-17:00
2.場所:Zoomミーティング(オンライン)開催
3.開催方式:
(1)趣旨説明、第一部、第二部(「4.プログラム」参照)は、講演動画を事前に参加者限定で共有し、オンデマンドで視聴できるようにする。講演会終了後に、OCWで公開する。
(2)第三部(「4.プログラム」参照)はリアルタイムで実施する。第三部の動画は公開しない。
(3)事前に講演動画を視聴する時間をまとめてとれない参加者のために、講演会当日も趣旨説明、第一部、第二部の講演動画を配信する。

4.プログラム

13:00-13:15 趣旨説明:北村由美、西岡千文(京都大学附属図書館)

【第一部:オープン・サイテーション】
13:15-13:35「OpenCitations: crossing one billion citations and beyond」(字幕付き)
Silvio Peroni (I4OC共同設立者/ボローニャ大学)
13:35-13:55「オープン・サイテーションの実践1:京都大学図書館機構における紀要論文のオープン・サイテーションに向けた取り組み」
西岡千文 (京都大学附属図書館)
13:55-14:15「オープン・サイテーションの実践2Building the Humanities Citation Index (HuCI): why and how?」(字幕付き)
Matteo Romanello (スイス連邦工科大学ローザンヌ校)
Giovanni Colavizza (アムステルダム大学)
Silvio Peroni(I4OC共同設立者/ボローニャ大学)
14:15-14:30 休憩

【第二部:Open Research Knowledge Graph(ORKG)】
14:30-15:15「Introduction to the Open Research Knowledge Graph」(字幕付き)
Lars Vogt, Sören Auer, Allard Oelen, Vitalis Wiens (ドイツ国立科学技術図書館)
公開済み動画(https://av.tib.eu/media/52956)に字幕を付与したものを配信
15:15-15:45「What can University Libraries do for Open Research Knowledge Graph?」(字幕付き)
Sören Auer (ドイツ国立科学技術図書館)
15:45-16:00 休憩

16:00-17:00【第三部:質疑応答、ディスカッション】(逐次通訳付き)
Sören Auer (ドイツ国立科学技術図書館)
Giovanni Colavizza (アムステルダム大学)
Silvio Peroni (I4OC共同設立者/ボローニャ大学)
Matteo Romanello (スイス連邦工科大学ローザンヌ校)
西岡千文 (京都大学附属図書館)

5.対象:大学図書館職員、学術情報流通に関心のある研究者および本講演テーマに関心のある方(一般公開)

6.参加定員:300名(申込先着順)

7.参加料:無料

8.申込方法:申込用Webフォーム:https://forms.gle/beLXvmjeyrQiQo1i7
申込締切:2022年02月14日(月)17:00
(申込後、申込者限定で開催前に第1部と第2部の動画を配信した際に、事前質問の受付を行います。
可能な限り2022年2月3日(木)までにお申し込みください。)

9.問い合わせ先:京都大学附属図書館図書館企画課
e-mail: kenshu-uke660kulib[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

2021poster

 

【図書館機構講習会】1/6:録画を公開しました 学術出版の中の人が語る論文投稿&院生投稿体験談(12/15-12/22)

 投稿日時:2022-01-06 (3620 ヒット)

学術出版の中の人が語る論文投稿&院生投稿体験談

2022.01.06 追記
------------------------------------------------------------------------------------------------
「学術出版の中の人が語る論文投稿&院生投稿体験談」の録画3本を公開しました!

(1)アクセプトされやすい英語論文とは?~出版社の立場から~(講師:エルゼビア)
(2)「論文投稿で後悔しないために」大学院生の体験談を交えて(講師:附属図書館)
(3)論文投稿講座 第一線の研究者とコラボ:論文作成に役立つ研究メソッド(講師:クラリベイト)

以下URLから視聴できます。
https://cls.iimc.kyoto-u.ac.jp/x/QZSMu9
※学内限定公開のため、ECS-ID・SPS-IDでのログインが必要です。

当日参加できなかった方、参加した講習会をもう一度復習したい方は、ぜひご活用ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------

図書館機構では、12/15(水)~12/22(水)に論文投稿に関する3つの講習会を開催します。
うち2件は、学術出版社から講師を招き、実践的な論文執筆、投稿に関するトピックを解説します。
1件は、附属図書館職員が論文の投稿先選定に必要な知識、ハゲタカジャーナルへの注意等について解説し、
学生サポートデスクスタッフが自身の論文投稿体験を語ります。ぜひご参加ください!

(1)アクセプトされやすい英語論文とは?~出版社の立場から~(講師:エルゼビア)
(2)「論文投稿で後悔しないために」大学院生の体験談を交えて(講師:附属図書館)
(3)論文投稿講座 第一線の研究者とコラボ:論文作成に役立つ研究メソッド(講師:クラリベイト)

期間:2021年12月15日(水)~12月22(水)
場所:オンライン(ZoomまたはWebEx)
お申込み:
お申込みフォームはこちら!(リンク先へ飛びます)
・参加希望日の前日17:00までにお申込みください。
・お申込み内容の確認後、参加方法等をご連絡します。
・お申込みは、本学所属の方に限ります。

○録画は後日学内限定で公開予定です。申し込まれた方には、直接録画公開のご案内をお送りします。

日程と内容:

(1)アクセプトされやすい英語論文とは?~出版社の立場から~
日時:2021年12月15日(水) 17:00-18:00
講師:エルゼビア・ジャパン株式会社
内容とレベル︓(4)情報発信(研究)※

内容詳細:
論文投稿には、数々のプロセスがあります。
この講習会では、適切なジャーナルの選択、出版倫理、論文の構造、科学英語などのトピックを解説し、
学術出版社の立場からジャーナル論文執筆のヒントをご紹介します。

(2)「論文投稿で後悔しないために」大学院生の体験談を交えて
日時:2021年12月20日(月) 17:00-18:00
講師:附属図書館職員、学習サポートデスクスタッフ(教育学研究科 博士1年、経済学研究科 博士2年、情報学研究科 博士3年)
内容とレベル︓(4)情報発信(研究)※

内容詳細:
これから論文を投稿する方を対象に、インパクトファクター、査読、粗悪学術誌…等々、
論文の投稿先を選ぶ際に気を付けるべきポイントをコンパクトに紹介します。
また、学習サポートデスクスタッフの大学院生が、自身の論文投稿の体験談を語ります。

(3)論文投稿講座 第一線の研究者とコラボ:論文作成に役立つ研究メソッド
日時:2021年12月22日(水) 17:00-18:00
講師:クラリベイト 熊谷 美樹氏
内容とレベル︓(4)情報発信(研究)※

内容詳細:
論文本文の書き方や英語表現とともに、論文執筆の前後のフローにも重要なコツやノウハウがあることをご存知ですか?
アクセプトされる論文を書くために重要な研究の進め方や、Web of Scienceなどのツール活用による効率的な論文執筆フローをご紹介します。

※参考:京都大学図書館機構 学術情報リテラシー教育支援のためのルートマップ

主催:京都大学図書館機構
お問合せ:附属図書館利用支援掛
Email: ref660(アットマーク)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[附属図書館 利用支援掛]

 

【図書館機構講習会】1/6:録画を公開しました プレゼンブラッシュアップ講座(11/15-11/26)

 投稿日時:2022-01-06 (1030 ヒット)

プレゼンブラッシュアップ講座

2022.01.06 追記
------------------------------------------------------------------------------------------------
「プレゼンブラッシュアップ講座」の録画4本を公開しました!

(1)伝える!プレゼンの「基本のキ」
(2)思考に役立つアカデミック・スキルとしてのプレゼンの作り方
(3)英語プレゼン入門:What is Scientific Presentation
(4)理系のためのプレゼンテーション

以下URLから視聴できます。
https://cls.iimc.kyoto-u.ac.jp/x/QZSMu9
※学内限定公開のため、ECS-ID・SPS-IDでのログインが必要です。

当日参加できなかった方、参加した講習会をもう一度復習したい方は、ぜひご活用ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------

授業・研究発表など大学生活の中で不可欠であるプレゼンテーションの基本とスキルアップについて、11/15()11/26()に講習会を開催します(各回約30分~40分)。講師は学習サポートデスクの大学院生スタッフが担当します。ぜひご参加ください!

(1)伝える!プレゼンの「基本のキ」
(2)思考に役立つアカデミック・スキルとしてのプレゼンの作り方
(3)英語プレゼン入門:What is Scientific Presentation
(4)理系のためのプレゼンテーション

期間:2021年11月15日(月)~11月26(金)
場所:附属図書館3階講習会室(先着5名まで)+オンライン(Zoom)
お申込み:
お申込みフォームはこちら!(リンク先へ飛びます)
・参加希望日の前日17:00までにお申込みください。
・お申込み内容の確認後、参加方法等をご連絡します。
・お申込みは、本学所属の方に限ります。

○録画は後日学内限定で公開予定です。申し込まれた方には、直接録画公開のご案内をお送りします。
○講習会の内容だけでなく、学習をする上で疑問に思っていることがある場合は学習サポートデスクにご相談ください。

日程と内容:

(1)伝える!プレゼンの「基本のキ」
日時:2021年1115() 13:30-14:0015:00-15:30(30分×2回)
担当:アジア・アフリカ研 博士2
内容とレベル︓(4)情報発信(初級)※

内容詳細(担当スタッフより):
「伝える、伝わる」プレゼンのためのPPT作成・話し方の注意点を一緒に確認しましょう
オンライン・オフライン双方でのプレゼンで、すぐに生かせるポイントをお伝えします!
こんな方におすすめ:学部生(分野は問わない)

(2)思考に役立つアカデミック・スキルとしてのプレゼンの作り方
日時:2021年1116()  13:30-14:0015:00-15:30(30分×2回)
担当:人間・環境学研究科 修士1
内容とレベル︓(4)情報発信(初級)※

内容詳細(担当スタッフより):
このプレゼン講習会を通してプレゼンの構成を学べるだけでなく、自身の思考を整理することや、よりアカデミックな議論を展開することができるようになります。
アカデミック・スキルとしてのプレゼン作成を学んでいきましょう!
こんな方におすすめ:(主に)文系学部1,2回生

(3)英語プレゼン入門:What is Scientific Presentation
日時:2021年1119()  16:45-17:2518:15-18:55(40分×2回)
担当:工学研究科 博士1年
内容とレベル︓(4)情報発信(上級)※

内容詳細(担当スタッフより):
英語のプレゼンと日本語のプレゼンはどこが違うの?自分のプレゼンが面白くない? 聞き手に理解されていない?そんな悩みがあるみなさんに、英語プレゼンの超基本、プレゼンのイントロから結論まで流れを紹介します。
こんな方におすすめ:英語のプレゼンを勉強したい方、誰でも

(4)理系のためのプレゼンテーション
日時:2021年1126() 13:30-14:0015:00-15:30(30分×2回)
担当:医学研究科 修士2年
内容とレベル︓(4)情報発信(中級)※

内容詳細(担当スタッフより):
大体の研究室で行われる「研究紹介」「論文紹介」という行事。「どのような構成にしたらいいのか、わからない」と思っている理系の方向けの講座です。
最低限のマナーや、スライド作成の時の小さなコツについて説明いたします。
こんな方におすすめ:理系学部 3, 4回生

※参考︓京都大学図書館機構 学術情報リテラシー教育支援のためのルートマップ

主催:京都大学図書館機構
お問合せ:附属図書館利用支援掛
Email: ref660(アットマーク)mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

[附属図書館 利用支援掛]

 

【図書館機構】IIIFコンソーシアムの執行委員会に京都大学図書館機構が選出されました

 投稿日時:2022-01-06 (421 ヒット)

IIIFコンソーシアムの執行委員会に京都大学図書館機構が選出されました。任期は20221月から一年間です。

IIIF (International Image Interoperability Framework) とは、インターネット上に配置された画像データを共通の形式で呼び出し、表示できるようにした規格のことです。
IIIFの規格(API仕様)は、IIIFコンソーシアムによって管理・運営されています。

京都大学図書館機構は、2016年にIIIFコンソーシアムに参加しました。2017年にIIIFに対応した「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」を公開し、電子化画像の利活用を促進しています。

 

(参考)
Executive Committee Election Results
IIIF
京都大学貴重資料デジタルアーカイブ

 

(問合せ先)
附属図書館 図書館企画課 図書館企画掛
gazo660☆mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (☆を@に変えてください)