メニュー
アーカイブ  | RSS |

電子ジャーナルの適切な利用について

 投稿日時:2013-12-17 (1782 ヒット)

今年度に入り複数回、特定のタイトルの電子ジャーナルアクセスが遮断されました。
版元が、本学で電子ジャーナルの不適切な利用(大量アクセス等)が発生したと
認識したことによるものでした。
現在は、アクセス遮断は解除されています。

電子リソースの利用にあたっては、供給元である出版社が使用許諾条件を定めて
います。
どの出版社においてもおおむね以下の事項は禁止されています

■個人利用の範囲を超えた大量のダウンロード(注1)
・プログラム等を利用した自動操作による一括したダウンロード
・特定の雑誌の巻号をまとめてダウンロード
■個人利用以外の利用
■複製や再配布

一部の出版社は、本文に限らず、目次やアブストラクトも含め、すべてのページ
に過剰な頻度でアクセスし、サーバに負荷をかける行為を禁止しています。

使用許諾条件に違反した場合、大学全体の利用制限等のペナルティが科せられる
こともありますので、遵守してください。


キーボードを押下げ続けていると、意図せず大量ダウンロードしてしまうことが
ありますので、お気をつけください。

(注1:ダウンロードとはPDFファイルなどを開いて、本文をパソコンの画面に表
示すること自体が「ダウンロード」となります。自分のパソコンのファイルに取
り込まなくても、既に「ダウンロード」と見なされます。)




Print