メニュー
アーカイブ  | RSS |

復旧【トラブル】電子ジャーナル・データベース認証システム初回同意手続きができません

 投稿日時:2014-07-25 (1390 ヒット)

復旧しました。通常通り「同意手続き」画面からお手続きいただけます。
2014.7.28 追記

電子ジャーナル・データベース認証システムをはじめてご利用時のみ
「同意手続き」画面が表示されます。
しかし、システムに不具合が発生し、同意手続きができない状態となっております。



ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが、当方において同意手続きを代行させて
いただきますので、以下の手続きをお願いします。

(既に初回の「同意手続き」をお済みの方は通常通り利用可能です。)

■同意手続き方法

以下の同意文書をよくお読みのうえ、同意いただける場合は、

1. 同意文書を電子メール本文にコピー&ペーストして、
2.「→」の箇所をご記入いただき、
3. ejdb@kulib.kyoto-u.ac.jp までお送りください。


■■■■■ 同意文書 (ここからコピー&ペーストしてください) ■■■■■

電子ジャーナル・データベースを利用するにあたっての注意事項と利用者同意事項

    → 氏名 :
    → 所属部局 :
    → 職名等 :
    → 認証できない ECS-ID または SPS-ID:
    → 使用機器のOS:
    → 使用機器のブラウザ種別:

私は今後、認証対象の電子ジャーナル・データベースの利用にあたって、下記の
[電子ジャーナル・データベース利用上の注意] と
[電子ジャーナル・データベース認証システムの利用記録(ログ)の管理について]
の記載事項に同意します。

[電子ジャーナル・データベース利用上の注意]

  ◆電子ジャーナル・データベースのどのサービスにおいても、
おおむね以下の事項は禁止されています。

    ・個人利用の範囲を超えた大量のダウンロード
*特にプログラムやスクリプト等を利用した自動操作による
一括した大量ダウンロード
・個人利用以外の利用
・複製や再配布

  ◆また、各サービスにおいて個別に定められた条件等もありますので、
各サービスのサイト内にある利用条件などのページで内容を確認して
おいてください。

  ◆これらの事項に違反する行為を行うと、サービス提供元から不適切利用
とみなされ、大学全体にアクセス遮断、利用制限等のペナルティが科せ
られることがあります。

[電子ジャーナル・データベース認証システムの利用記録(ログ)の管理について]

  ◆この認証システムでは、電子ジャーナル・データベースを利用した
利用記録(ログ)を一定期間保存しています。

  ◆サービス提供元から不適切利用の通告を受けた場合は、
利用記録(ログ)を調査して、その利用状況を確認します。

  ◆不適切利用と確認された場合は、その不適切利用を行ったIDを
利用停止にする等の措置を取らせていただくことがあります。

  ◆なお、認証システムの利用記録(ログ)は不適切な利用があった
場合にのみ調査し、それ以外の目的での利用はしません。

  ◆利用記録(ログ)は、一定期間保存後に削除します。

■■■■■ 同意文書 (コピー&ペーストここまでです) ■■■■■
[Main Library Electronic Resources Section]
[附属図書館電子情報掛]
 


Print