メニュー
アーカイブ  | RSS |

教職員でECS-IDを利用している場合、電子ジャーナル等が利用できなくなる場合があります

 投稿日時:2015-09-29 (1304 ヒット)
2015-06-23にお知らせしている件について、再度お知らせいたします。
教職員でECS-IDを利用している場合、2015年8月以前に使用できても一旦、有効期限が切れることがあります。
 その場合、電子ジャーナル、データベース、MyKULINE等のオンラインサービスも利用できなくなりますので、次のいずれか該当する方法で、ご対応をお願いします。 
 *学生の方は、卒業などにより学生身分でなくなりましたら、一定期間後、順次利用停止処理が行われます。
 
 
■SPS-IDを持つ教職員 (SPS-ID:教職員グループウェア用ID 【例:taro123yoshida】) 
 SPS-IDで電子ジャーナルやMyKULINEがご利用いただけます。「京都大学図書館機構オンラインサービス/利用するための手続き(*1)」をご参照の上、ECS-IDからSPS-IDへの切替手続きをお願いします。
 (*1)  京都大学図書館機構オンラインサービス/利用するための手続き
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/service/12718#how) 
 
 
■SPS-IDを持たない教職員
 非常勤講師、招へい外国人学者、外国人共同研究者、学振特別研究員、学振外国人特別研究員、研修員、受託研究員、民間等共同研究員など、SPS-IDを持たない教職員で、ECS-IDを取得して、電子ジャーナルやMyKULINEを利用している場合は、次のとおり、 ECS-IDの利用継続処理をお願いします。なお、名誉教授の方は、利用継続処理不要です。
 
------------------------------
学生アカウント(ECS-ID)の取得と継続申請 - 京都大学情報環境機構
http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/cert/ecs_id/use/ecs_account.html#staff
 上記「教職員の方」から一部参照
 
【利用停止と継続申請】
名誉教授以外の方は年度が変わった時点で利用延長の手続きが必要です.新年度でも継続して利用を希望される場合は,下記いずれかの身分証と利用継続申請書をご持参頂き窓口までお越しください.毎年度8月1日に停止処理を行います.学術情報メディアセンター南館以外では当日処理ができないので,継続申請は日数に余裕をもって行なってください.
 
■身分証
・京都大学発行の身分証(認証ICカード,施設利用証は不可)
・部局の長の公印付受入証明書
・日本学術振興会発行の身分証
 
■窓口 (受付時間等は下記URLにあるリンク先をご参照ください)
下記のお近くの窓口でお手続きをお願いいたします.ただし学術情報メディアセンター南館以外では当日処理ができないのでご注意ください.
http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/services/cert/ecs_id/use/ecs_account.html#helpdesk
・学術情報メディアセンター南館1階共同利用担当南館窓口
・医学部構内医学図書館
・桂キャンパス工学研究科附属情報センター
・宇治キャンパス附属図書館宇治分館
・犬山キャンパス霊長類研究所図書室
・熊取キャンパス原子炉実験所図書室
・川端キャンパスアジア・アフリカ地域研究研究科図書室
・大津キャンパス生態学研究センター図書室
・北部構内理学研究科の中央・数学・化学の図書室
・北部構内の農学部図書室
------------------------------
 
ECS-ID関係 よくある質問 - 京都大学情報環境機構
http://www.iimc.kyoto-u.ac.jp/ja/faq/cert/ecs-id/
 
Q.学外の非常勤講師で,ECS-ID(学生アカウント)を入手しています.年度更新と聞いていますが,具体的には何時までに更新する必要がありますか?
 
A.通常2つのパターンがあります.
(1)申請時に,有効期限が1年以内の身分証を提示された場合,その日付の3ヶ月後に使えなくなります.
(2)申請時に,有効期限が年度末あるいはそれ以上の身分証を提示された場合,学生以外の方は翌年度の8月1日に使えなくなります.
継続して利用される場合には,8月1日までに学術情報メディアセンター南館の窓口あるいは、各代行受付所で更新手続きをお願いします.利用停止前には学生用メールでその旨ご案内致します.
------------------------------
 
 
 
【図書館機構】
Print