メニュー
アーカイブ  | RSS |

【吉田南総合図書館】グレート・ブックス読書会「真理の運用」開催のご案内(6/27)

 投稿日時:2016-06-16 (1443 ヒット)

ポスター

吉田南総合図書館のグレート・ブックスコーナーを題材にした読書会

「真理の運用―人間の可塑性をどう捉えるか―」が開催されます。

1、2回生大歓迎の入門読書会です。どなたでもご自由にご参加ください。

 

【日時】
2016年6月27日(月)18:15 - 19:45

 

【場所】
環on (吉田南構内 人間・環境学研究科棟1F)
※環onまでのアクセスはこちらをご覧ください

 

【書名】
 『自由論 』 ミル著 ; 斉藤悦則訳 (光文社古典新訳文庫 ; [KBミ1-2])
光文社 , 2012 (1Fグレートブックス 133.4||J||5) 

 

【コーディネーター】
豊川祥隆 (京都大学大学院人間・環境学研究科 博士(人間・環境学)、京都看護大学非常勤講師)

 

【コーディネーターからひとこと】
古来より、哲学は、「何が真理であるか」、「何が他の学問の基礎となるか」ということを
主要な問題としてきました。しかし一方で、「われわれ人間は、哲学や真理とどのように
付き合うべきか」ということも、暗黙にではあれ、哲学上の根深い問題として存在しています。
この問題は、人間や社会の実際のあり方と密接に関係しており、一人ひとりが好きなように
真理を追究すればよいという単純な答えを許さないものです。
この読書会では、J.S.ミルの『自由論』を取り上げ、有名な「危害原理」とともに、
それを導く根拠となったミルの人間観や社会観をふまえつつ、人間と哲学、
真理の関係について、考えてみたいと思います。

 

【申込み】
メール予約優先、当日参加も歓迎
件名を「自由論読書会」とし、お名前、ご所属を明記してください。いただいた情報は
コーディネーターにお知らせします。どうぞご了承ください。また、今後の読書会のご案内を
図書館から送らせていただくことがございますが、それ以外の目的には使用しません。

 

【問合せ先】 
吉田南総合図書館(逍遥館)
TEL:075-753-6524、6525
MAIL:eturan61(_at_)mail.adm.kyoto-u.ac.jp
※(_at_)は@に置き換えてください。

 

 »» 吉田南総合図書館のグレート・ブックスのご紹介、関連企画についてはこちら««

 

[吉田南総合図書館]

→ <6月27日(月)>グレート・ブックス読書会「真理の運用」開催のご案内


Print