復旧しました : 【トラブル】京大ArticleLinker、電子ジャーナル・電子ブックリスト上のDOI検索エラー (12/16)

 投稿日時:2021-01-08 (933 ヒット)

復旧しました (2021/01/08 16:30)

現在、京大ArticleLinkerや電子ジャーナル・電子ブックリスト上の
DOIを用いた検索にエラーが生じています。
(DOI以外の書誌情報による検索は問題ありません。)

現在、提供元で復旧作業中です。
ご不便をおかけして申し訳ありませんが、障害復旧までしばらくお待ちください。

[京都大学附属図書館学術支援掛]

 

復旧しました【トラブル】Elsevier ScienceDirect, Scopus (1/4)

 投稿日時:2021-01-04 (701 ヒット)

復旧しました(2021/1/4 16:25)

現在、Elsevier社提供のScienceDirectのPDFダウンロードおよびScopusの検索ができない障害が発生しています。

Elsevier社に問い合わせ中ですので、復旧までしばらくお待ちください。

【附属図書館電子リソース掛】

 

【図書館機構】電子ジャーナル、データベースのご利用に関する注意

 投稿日時:2020-11-06 (1002 ヒット)

 電子ジャーナルやデータベースなどの電子リソースの利用については、供給元である出版社が使用許諾条件を定めています。どの出版社においてもおおむね以下の事項は禁止されています。

  • 個人利用の範囲を超えた大量のダウンロード
    • プログラム等を利用した自動操作による過剰アクセスや一括ダウンロード
    • 電子ジャーナルの特定の巻号や、電子ブックのタイトルをまとめてダウンロード
  • 個人利用以外の利用
  • 複製や再配布

 一部の出版社は、本文に限らず、目次やアブストラクトも含め、すべてのページに過剰な頻度でアクセスし、サーバに負荷をかける行為を禁止しています。

 過剰なアクセスや大量ダウンロードなどが検知されると、大学全体からの電子ジャーナルのアクセスを遮断される等のペナルティが科せられることもありますので、ご注意ください。

 最近、Webブラウザの「リンク先読み機能」や文献管理ツールのプラグイン、電子ジャーナルウェブサイトに搭載されている「参考文献ダウンロード機能」により、意図せず大量ダウンロード/大量アクセスを起こしてしまうケースが発生しています。

 いずれの機能も、ページを閲覧中に、バックグラウンドでページ内のリンクへのアクセスが繰り返されます。そのため、本人は普通に電子ジャーナルを利用していたつもりでも、気が付かないうちに大量ダウンロード/大量アクセスになってしまうことがあります。

 電子リソースを利用する場合は、ブラウザ設定をご確認いただくとともに、参考文献等の一括収集機能を短期間に繰り返し使用しないよう、ご注意ください。

【ポスター・チラシ】

【関連ページ】

[図書館機構]

[2020/11/06投稿]

 

復旧しました:【トラブル】KULINE、電子ジャーナル・データベース認証システム、貴重資料デジタルアーカイブが使用できません

 投稿日時:2020-10-22 (956 ヒット)
【復旧しました】学内ネットワーク障害の解消により、KULINEなどのアクセス障害は復旧しました。ご迷惑をおかけいたしました。

本日(10/22)発生したKUINS-IIネットワークの障害に伴い、現在以下のシステムが利用できません。

・蔵書検索システムKULINE及びMy Kulineサービス
・電子ジャーナル・データベース認証システム(プラグインシステム)
・貴重資料デジタルアーカイブ

※KULINEは検索画面は表示されますが、検索してもエラーメッセージが表示されて、検索結果が表示されません。

※学術情報リポジトリKURENAIはご利用いただけます。

※京都大学の蔵書を検索したい場合は、CiNii Books から図書・雑誌を検索することができます。詳細は「KULINE 休止中に京都大学の蔵書を検索するには」をご確認ください。

  ■KULINE 休止中に京都大学の蔵書を検索するには(図書館機構Web サイト内)

   https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/service/12758

[附属図書館]

 

復旧しました : 【トラブル】Google ScholarからRefWorksへのダイレクトエクスポート不具合 (6/29)

 投稿日時:2020-07-14 (1341 ヒット)

復旧しました (2020/07/14 18:12)

現在、RefWorksでは、Google Scholarから書誌情報をダイレクトエクスポートする際に文字化けが発生しております。

作成元にて原因の究明と復旧作業を行っております。ご利用の皆様にはご不便をおかけして大変申し訳ございません。障害復旧までしばらくお待ちください。

なお、代替のインポート方法については下記をご確認ください。
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/campus/refworks_export.pdf(学内限定)

[附属図書館学術支援掛]

 

サービスを再開しました→【メンテナンス】電子ジャーナル・データベース認証システム(プラグインシステム)(2020/06/29)

 投稿日時:2020-06-24 (1171 ヒット)

※メンテナンスを完了し、サービスを再開しました。(2020/06/29 12:15)

システムメンテナンスのため、電子ジャーナル・データベース認証システム(プラグインシステム)は下記の日程でサービスを停止します。


【2020年6月29日(月)午後12時から(約15分)】

メンテナンス作業が終了次第、サービスを再開します。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、あらかじめご了承ください。

 

【図書館機構】電子ジャーナル、データベースのご利用に関する注意

 投稿日時:2020-06-24 (1469 ヒット)

 電子ジャーナルやデータベースなどの電子リソースの利用については、供給元である出版社が使用許諾条件を定めています。どの出版社においてもおおむね以下の事項は禁止されています。

  • 個人利用の範囲を超えた大量のダウンロード
    • プログラム等を利用した自動操作による過剰アクセスや一括ダウンロード
    • 電子ジャーナルの特定の巻号や、電子ブックのタイトルをまとめてダウンロード
  • 個人利用以外の利用
  • 複製や再配布

 一部の出版社は、本文に限らず、目次やアブストラクトも含め、すべてのページに過剰な頻度でアクセスし、サーバに負荷をかける行為を禁止しています。

 過剰なアクセスや大量ダウンロードなどが検知されると、大学全体からの電子ジャーナルのアクセスを遮断される等のペナルティが科せられることもありますので、ご注意ください。

 最近、Webブラウザの「リンク先読み機能」や文献管理ツールのプラグイン、電子ジャーナルウェブサイトに搭載されている「参考文献ダウンロード機能」により、意図せず大量ダウンロード/大量アクセスを起こしてしまうケースが発生しています。

 いずれの機能も、ページを閲覧中に、バックグラウンドでページ内のリンクへのアクセスが繰り返されます。そのため、本人は普通に電子ジャーナルを利用していたつもりでも、気が付かないうちに大量ダウンロード/大量アクセスになってしまうことがあります。

 電子リソースを利用する場合は、ブラウザ設定をご確認いただくとともに、参考文献等の一括収集機能を短期間に繰り返し使用しないよう、ご注意ください。

【ポスター・チラシ】

【関連ページ】

[図書館機構]

[2020/06/24投稿]

 

復旧しました : 【トラブル】RefWorks 外部データベースからのダイレクトインポート不具合 (1/10)

 投稿日時:2020-06-04 (2277 ヒット)

復旧しました (2020/06/04 17:10)

現在再びエラーが発生しております。

復旧しました (2020/03/26 17:45)

現在、RefWorksでは、外部データベースから書誌情報をダイレクトインポートする際にエラーが生じています。
上記エラーは、現行のRefWorks(オレンジのロゴ)および新RefWorks(青のロゴ)の双方で確認されています。
現在エラーが確認されているデータベースは以下の通りです。

・医中誌Web
・Ovid
・Scopus

作成元にて原因の究明と復旧作業を行っております。ご利用の皆様にはご不便をおかけして大変申し訳ございません。障害復旧までしばらくお待ちください。

なお、代替のインポート方法については下記をご確認ください。
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/campus/refworks_import.pdf(学内限定)※4/14 PDF差替え

[附属図書館学術支援掛]

 

【図書館機構】大型連休期間中のオンラインサービス等問い合わせ対応について

 投稿日時:2020-05-01 (1349 ヒット)

図書館の提供するオンラインサービスや電子ジャーナル等は、メンテナンス中のものを除き、大型連休期間中もご利用いただけます。
ただし、この間の問い合わせにつきましては、5月7日(木)より順次回答させていただきますので、ご了承ください。

■ 休業期間
2020年5月2日(土)~2020年5月6日(水)

問い合わせフォーム一覧はこちら

[附属図書館電子リソースチーム]

 

[図書館機構・重要]「電子ジャーナル・データベース認証システム」のご案内(専用プラグインをインストールしてください)

 投稿日時:2020-04-10 (6899 ヒット)

京都大学では学生・教職員をはじめとする学内構成員に、電子ジャーナルやデータベースを提供しています。

電子ジャーナル・データベースの利用にあたっては、対応するブラウザに「電子ジャーナル・データベース認証システム」専用プラグイン(以下「専用プラグイン」)のインストールが必要です。

専用プラグインをインストールすれば、学内だけでなく自宅等の学外環境からでもご利用いただけます。

専用プラグインをインストールしていないブラウザからは、電子ジャーナル・データベースが利用できませんのでご注意ください。

■対応OS■

 ・Windows
 ・Mac OS
 ・Linux

■対応ブラウザ■

 ・Google Chrome
 ・Mozilla Firefox
 いずれも利用前に専用プラグインをブラウザ側にインストールする必要があります。

■インストール・使用方法マニュアル■

※必ずご一読ください。
 ●「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Firefox版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_firefox_ja.pdf
 ●「電子ジャーナル認証システム」使用方法(Chrome版)(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/ejdb_plugin_chrome_ja.pdf

■FAQ■

 ●プラグインシステムFAQ(要ECS-ID/SPS-ID)
  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/plugin_faq_ja.pdf

■専用プラグインダウンロードサイトへのリンク■

  https://ninsho-log4.kulib.kyoto-u.ac.jp/plugin/plguide.html(要ECS-ID/SPS-ID)

■留意事項■

1.上記以外のブラウザや、iOS・Android等のスマートフォン・ タブレット端末では利用できません。
2.プラグインシステムのサポート対象外のため、プラグインシステム動作中は、文献管理ツールをご利用いただけません。
3.情報環境機構や各学部等が設置している「教育用PC端末サービス」(OSL・サテライト端末)では、各PCのデスクトップ上に電子ジャーナル閲覧用の「Mozilla Firefox(電子ジャーナル用)」ショートカットを置いていますので、そちらからご利用ください。
4.セキュリティソフトESETを導入したPCで、電子ジャーナル専用プラグインのアップデート/インストールが失敗することがあります。詳細は下記リンク先をご参照ください。
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1385064

■なぜ「電子ジャーナル・データベース認証システム」を導入しているのか■

 「電子ジャーナル・データベース認証システムのご案内」をご参照ください。
 https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/service/12754

■お問い合わせ先■

 図書館機構 認証システム担当
 https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/form/14106

(2020.4.10作成)