新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う法学部図書室・学習室の対応について

(4月2日追記)
新型コロナウイルス感染症拡大の危険性が非常に高まってきたため、感染拡大を防止しつつ、教育研究機能を維持するため、2020年4月3日(金)より当面の間、以下の対策を行います。

1. 開室時間を、平日の9時から17時とします。(土曜日は休室します。)

2. 学外の方(退職教職員は除く)は利用できません。
「学外の方」とは2020/4/1現在で京都大学に籍がない全ての方を指します。書庫内検索許可証をお持ちの方でも入室できません。
(例)卒業生・父兄・元教職員・他大学所属の方・一般市民の方

3. 学習室は利用できません。

4. 図書室内の閲覧席は利用できません。

5. 入室時には、氏名・学籍番号(学生のみ)を記入してください。
入室される全ての学内者の方に身分確認を行っております。京都大学の学生証・教職員証をお持ちでない方は入室できませんのでご注意ください。

6. 貸出期間更新(延長)回数を増やします。
学部学生の書庫内図書および公共政策開架図書(身分を問わない)の貸出について、MyKULINEを使用した貸出期限更新(延長)回数を4回にまで増やします。ただし、予約者がいる場合は延長できません。

—————————————————-

(3月27日追記)
図書室・学習室内における新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の利用制限を実施いたします。ご不便おかけしますが、何卒ご了承ください。

【利用制限内容】
1. 感染が疑われる方は入室できません。【2020年3月9日~当面の間】
次の症状を有する方は利用をご遠慮頂きますよう、ご協力よろしくお願いいたします。
発熱、咳(せき)、くしゃみ、倦怠感(だるさ)がひどい等。

2.貴重書・特殊文庫は利用できません。【2020年3月27日~当面の間】
次の配架場所にある資料は利用できません。7階貴重書庫、本館地下東書庫。

[最終更新日:2020/04/06]