メニュー
  
 

ISI Web of Knowledge 4.0がリリースされました

 投稿日時:2007-08-27 (5359 ヒット)
Web of ScienceやDerwent Inovations Index、Journal Citation Reportsを提供しているプラットフォームISI Web of Knowledgeが、ヴァージョンアップしたインターフェースISI Web of Knowledge 4.0としてリニューアル公開されました。 ぜひお試しください。  ■ISI Web of Knowledge (学内限定)  - https://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/lusr/wok.html 新ISI Web of Knowledgeにアクセスするには: 1)⇒ 従来のISI Web of Knowledge画面上部、緑のバーに黄色い文字で表示される“Preview the New Version”ボタンをクリックし、 2)⇒ さらに、案内画面のLaunch the new versionボタンをクリックします。 日本語による詳細な案内は、2)の案内画面右上にあるclick here to see this page in other languages からアクセスできます。 新インターフェースでは、シンプルな検索画面でデータベースをまとめてできるようになったほか、絞込み機能や引用リンクの表示が改良され、論文情報が見やすくなっています。 2007年末までは新旧インターフェースどちらも使えますが、2008年1月からは新インターフェース(ver 4.0)に統一される予定です。 その他、詳しい情報はトムソンサイエンティフィックのページをご覧ください。 http://www.thomsonscientific.jp/knowledgelink/newface/ [附属図書館電子情報掛]
 

KULINEからのNII検索の一時休止について(8/26-27朝)

 投稿日時:2007-08-24 (2232 ヒット)
NIIのサーバメンテナンスのため下記の期間、京都大学蔵書検索KULINEからNIIを検索する機能が一時休止します。 ご了承願います。  停止日時:平成19年8月26日(日)0:00から8月27日(月)9:05まで 【図書館機構】
 

図書館ネットワークサービスの一時休止について

 投稿日時:2007-08-22 (2279 ヒット)
教育用コンピュータシステムのサービス停止に伴い、図書館ネットワークサービスを下記のとおり一時休止いたします。 ご不便をおかけしますがご了承ください。          記   休止期間 : 平成19年8月25日(土)9時〜21時   休止するサービス:     1.蔵書検索KULINE(オンライン申込機能)     2.MyKULINEシステム     3.KULINEアラートサービス   
 

Science Expressが利用可能になりました

 投稿日時:2007-08-17 (4651 ヒット)
米国科学振興協会(AAAS: American Association for the Advancement of Science)が発行する総合科学ジャーナル "Science" のオンライン速報版 "Science Express"が利用可能となりました。どうぞご利用ください。  ■Science Express   -アクセス: http://www.sciencemag.org/sciencexpress/ ●Science Express とは何ですか?
Science Express は、サイエンス誌掲載予定論文より精選された研究論文とPerspective(関連記事)を、電子出版を通して早期に発表するものです。Science Express に発表される研究論文はピアレビュー後、「Science Online」のスケジュールにしたがって毎週木曜日にオンライン掲載されます。同論文は4〜6 週間後に印刷版サイエンス誌に掲載されます。Science Express 掲載論文は、掲載日を発表日とみなし、引用が可能となります。オンライン発表の日付は論文の印刷版に記載されます。編集者はすべての科学分野の論文を考察し、Science Express に掲載する論文を選択します。 http://www.sciencemag.jp/press/guide.html
[附属図書館電子情報掛]
 

リポジトリでウミガメやジュゴンの生態を知ることができます

 投稿日時:2007-08-16 (4037 ヒット)
京都大学学術情報リポジトリに、情報学研究科・荒井修亮先生を中心とした、東南アジアのウミガメやジュゴンの追跡調査を行っている研究グループSEASTAR2000の会議論文集(6年分)を登録・公開しました。 ■Proceedings of SEASTAR2000 workshop https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bulletin/seastar2000 SEASTAR2000 SEASTAR2000は次のような研究会です。
SEASTAR2000は、東南アジア海域に生息するウミガメ(Sea Turtle)の衛星追跡調査・データロガーを用いた行動生態調査・砂浜パトロールによる産卵調査をタイ国を拠点に行っています。 また、メコン川に棲息するメコンオオナマズ(Pangasianodon gigas)の追跡や生態学的調査、ジュゴン(Dugong dugong)の保護対策の一環として、タイ国トラン県において音響学的調査も合わせて行っています。
http://bre.soc.i.kyoto-u.ac.jp/seastar2000/top_n.htm *なお、8月17日(金)は作業のためリポジトリサービスを一時休止しますので、ご留意ください。 https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/modules/news/article.php?storyid=198 [附属図書館電子情報掛]