粗悪学術誌に関する注意喚起

オープンアクセスジャーナルの中には、投稿料(APC)による収益を目的とし、査読が適正に行われない粗悪なジャーナルが存在し、「粗悪学術誌」「ハゲタカジャーナル」などと呼ばれています。
このようなジャーナルに自身の論文を投稿すると、研究成果および投稿者に対する信頼性を損なう結果になりかねないため、投稿先の選定は慎重に行うようにしてください。

判断の材料となる情報源

特定のジャーナルや出版社が、いわゆる「ハゲタカジャーナル」「ハゲタカ出版社」と呼ばれるべきものかどうか、判断するのはたいへん難しいです。
下記情報源の他、掲載されている論文の質や編集委員の顔ぶれ、あるいはどのような査読がなされているか等をご確認の上、ご判断ください。

以下のサイトは、健全とされているオープンアクセスジャーナルをまとめています。

以下のサイトには、粗悪学術誌かどうかをチェックするためのポイントが掲載されています。


事例報告・お問い合わせフォーム

図書館機構では、粗悪学術誌に関する情報収集を行っています。
投稿の際に疑わしく思った事例等をお持ちの方やご質問のある方は、下記のフォームからお送りください。
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/form/1380548

Print