メニュー

Shibboleth認証で電子リソースを利用する

Shibboleth認証とは?

  • Shibboleth認証は、複数サービスへのログインを共通化してスムーズに利用できる、セキュアなシングルサインオンの仕組みです。
  • 一度ログインしておくと、ブラウザを閉じるまで認証が継続するので、対応している他のサービスを使った場合、IDとパスワードを再度入力する必要がありません。
  • 学外のネットワーク環境から利用する場合でも、VPN接続をおこなうことなく、このShibboleth認証だけで各サービスを利用することができます。
  • 利用するIDとパスワードは、ECS-ID(学生アカウント)とSPS-ID(教職員アカウント)と同じです。

※なお、IDやパスワードを入力する時は安全のため以下の点に気を付けてください.

  • 不特定多数の人間が利用する端末からは使わない
  • ブラウザに表示されているURLが正しいことを確認する
  • URLがhttpsで始まっていて、鍵マークが表示されていることを確認する

Shibboleth認証で利用できるもの

利用資格および手続き

  • 利用資格: 京都大学の学生・教職員で、ECS-ID または SPS-ID をお持ちの方
  • 手続き: 不要です