メニュー
アーカイブ  | RSS |

【図書館機構】粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」に関する注意喚起について

 投稿日時:2019-01-17 (8004 ヒット)

昨今、査読誌であることをうたいながら、著者から論文投稿料を得ることのみを目的とする、
ハゲタカジャーナル(Predatory Journals)と呼ばれる粗悪学術誌の増加が問題となっています。

部局長会議において研究担当理事から、論文投稿先に関する注意喚起がなされたことを受け、図書館機構では、学内の研究者のみなさま向けにハゲタカジャーナルに関するリーフレットを作成しました。以下の点について解説していますので、ご活用ください。

  • ハゲタカジャーナルとはどのようなジャーナルなのですか?
  • ハゲタカジャーナルに投稿すると、どのような問題があるのですか?
  • どういうジャーナルがハゲタカジャーナルなのですか?
  • ハゲタカジャーナルへの投稿を防ぐにはどうすれば良いですか?

2019/01/17掲載
2019/01/22修正
2019/02/04日本語版リーフレット修正,英語版リーフレット追加

お問い合わせ先:
担当: 附属図書館
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/form/1380548


Print