トラブルシューティング

電子リソースが使えないとき

もし、電子リソースページに掲載されている各リソースへのアクセスが拒否される、検索できないなど、利用ができないときは、まず下記の点についてご確認ください。

プラグインシステムを導入していますか?
  • 電子ジャーナル・データベースの利用にあたっては、対応するブラウザ(ChromeまたはFirefox)に「電子ジャーナル・データベース認証システム」専用プラグイン(以下「専用プラグイン」)のインストールが必要です。専用プラグインをインストールすれば、学内だけでなく自宅等の学外環境からでもご利用いただけます。
プラグインは正常に動作していますか?
その電子リソースは今メンテナンス中ではないですか?
  • 電子リソースのトラブル発生情報やメンテナンスの情報は、図書館機構サイトのニュースに掲載されます。不具合の解決方法などが掲載されている場合もあるので、まずはこちらに情報が出ていないか、確認してください。
      電子ジャーナルの場合:その論文は、利用可能年に含まれていますか?

       

        それでも解決できない場合

        お問い合わせフォーム(推奨)、もしくはメールで附属図書館電子リソースチーム(ejdb@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)(@を半角文字に)までご連絡ください。

        メールの場合は、以下のような詳細を確認の上、お知らせください。

        • 利用できなかった電子ジャーナル/データベース名、タイトル、URL
        • 表示された画面・エラーメッセージ
        • アクセスしたルート
          (例:電子ジャーナル/電子ブックリストから、データベースリストから、蔵書検索システムKULINEの電子ジャーナルリンクから、出版社サイトから直接、など)
        • 使用している端末のOSおよびブラウザの種類とバージョン
        • ネットワーク環境(有線LAN、無線LAN、KUINS-Airなど)
        • トラブルの発生した時間帯またはいつから使えないか
        • 同じ研究室の別の端末からはアクセスできるかどうか
        • 自分が今いるキャンパス
        • http://librarians.iop.org/checkup ににアクセスした際のWorkstation detailsの情報
        • プラグインシステムのバージョン

        電子ジャーナル・電子ブックの場合、下記についてもお知らせください。

        • 利用できなかった雑誌名・巻号
        • 同じ巻号のほかの論文、同じ雑誌のほかの巻号、同じ出版社のほかの雑誌はどうか
        • ブラウザの種類によってアクセスに違いがあるかないか

        電子リソースの使い方が分からないときは

        電子リソースの使い方が分からない、学習・研究の中でどのような電子リソースを利用すればよいのかわからないなど、電子リソースの使い方でお困りの際は、電子リソースチーム(ejdb@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)(@を半角文字に)までお問い合わせください。

        また、図書館ではデータベース(KULINE(OPAC)、電子ジャーナル、Web of Scienceなど)の講習会を定期的におこなっています。ぜひご参加ください。講習会のページ