メニュー
   

オープンアクセス誌投稿料の割引情報について

論文をジャーナルに投稿する際、掲載論文をオープンアクセスにするために、Article Processing Charge(APC)と呼ばれる費用が発生する場合があります。該当するジャーナルを京都大学で購読している場合に、特典として京都大学構成員のAPCに割引が適用されることがあります。対象となる出版社・ジャーナルと手続きの詳細は、以下をご覧ください。

出版社: ACS | Karger| MDPI
ジャーナル: Biochem. J. | Biochem. Soc. Trans. | Br. J. Cancer | J. Endocrinol. | Science Advances | Plant Physiol. | PNAS | Reproduction

出版社

米国化学会(American Chemical Society ; ACS)発行のジャーナル

APCが割引されます。投稿者がACSの会員である場合は、さらに割引率が高くなります。 詳細はACS Open Access - ACS AuthorChoice をご覧ください。(京都大学は「“All ACS Publications” Subscribing Institutions」に該当します。)
その他、ACSではさまざまなオープンアクセスのためのオプションを提供しています。詳細はACS Open Accessをご覧ください。
※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、米国化学会にご確認ください。

Karger発行のジャーナル

Karger社のジャーナルに投稿しアクセプトされた論文について、下記の条件を満たせば、APCバウチャーが適用され、無料でオープンアクセスにすることができます。

◆申込期間:2020年4月1日-2021年3月31日
   ※上記期間外に申し込まれた論文は対象外となります。
   ※申込数には上限があります。

◆資格対象者:京都大学の教職員(被雇用者)又は院生・学生であり、実際に論文の投稿を行うCorresponding authorであること。
   ※Corresponding authorでない著者(筆頭著者を含む)は対象外です。

上限数や申込手順等の詳細については、下記のファイルをご覧ください。
  ・Karger社APCバウチャースキームについて(学内限定)
  ・論文投稿の手順 -Karger Journalへの論文投稿(学内限定)

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、株式会社カルガージャパン(Email: publisher@karger.jp)宛にご確認ください。

MDPI(Multidisciplinary Digital Publishing Institute)発行のジャーナル

Institutional Open Access Program(IOAP)への参加に伴い、京都大学の構成員がCorresponding authorである場合、APCが10%割引されます。

【申請方法】
MDPIのシステムで論文を投稿する際に、"Institutional Open Access Program"の画面で"Kyoto University"を選択してください。詳細は"Institutional Open Access Program (IOAP)"をご参照ください。
※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、MDPIにご確認ください。

<!--2016年度で終了

英国王立化学会 (Royal Society of Chemistry ; RSC)発行のジャーナル

先着33論文を無料でオープンアクセスにすることができます。詳細はこちら(学内限定)をご覧ください。

-->

ジャーナル

Biochemical Journal (Portland Press)

掲載論文は、オプションを選択するとオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者の場合、APCが割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、Portland Press Limited (e-mail: editorial[at]portlandpress.com)にご確認ください。

Biochemical Society Transactions (Portland Press)

掲載論文は、オプションを選択するとオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者の場合、APCが割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、Portland Press Limited (e-mail: editorial[at]portlandpress.com)にご確認ください。

British Journal of Cancer (Nature Publishing Group)

掲載論文は、掲載後12ヶ月でオープンアクセスになりますが、オプションを選択すると掲載後すぐにオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者で、論文を即オープンアクセスにする場合、APCが割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点はBritish Journal of Cancer Editorial Office(Email: bjc[at]ucl.ac.uk)にご確認ください。

Journal of Endocrinology (BioScientifica)

掲載論文は、掲載後12ヶ月でオープンアクセスになりますが、オプションを選択すると掲載後すぐにオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者で、論文を即オープンアクセスにする場合、APCが$1,350割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は(Email: publishing[at]bioscientifica.com)にご確認ください。

Science Advances(AAAS)

京都大学の構成員がCorresponding Authorである場合、APCが割引されます。

【申請方法】
マニュアルはこちらをご参照ください。
投稿前にアカウントの登録が必要です。
論文が受理されると、著者にRinghtsLink オープンアクセスAPC支払ページのリンク先を含むメールが送られてくるようですので、青色の"Apply Discounts"ボタンをクリックしてください。
"Apply Discounts"ページの"Affiliation discount"欄に"Kyoto University"を入力することで購読機関割引が可能となります。

【参考情報】
Science Advances -- Article processing charges

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、Science Advances business office (Email: scienceadvancesstaff[at]aaas.org)にご確認ください。

Plant Physiology(American Society of Plant Biologists)

掲載論文は、掲載後12ヶ月でオープンアクセスになりますが、オプションを選択すると掲載後すぐにオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員がCorresponding Authorで、論文を即オープンアクセスにする場合、APCが$750割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、上記サイト記載の連絡先にご確認ください。

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)(National Academy of Sciences)

掲載論文は、掲載後6ヶ月でオープンアクセスになりますが、オプションを選択すると掲載後すぐにオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者で、論文を即オープンアクセスにする場合、APCが$350割引されます。
詳細はPublication Feesをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は、上記サイト記載の連絡先にご確認ください。

Reproduction (BioScientifica)

掲載論文は、掲載後12ヶ月でオープンアクセスになりますが、オプションを選択すると掲載後すぐにオープンアクセスにすることができます。京都大学の構成員が著者で、論文を即オープンアクセスにする場合、APCが$1,350割引されます。詳細は下記サイトをご覧ください。

※図書館でとりまとめは行いません。不明な点は(Email: publishing[at]bioscientifica.com)にご確認ください。

その他

著者がジャーナル発行学会の会員である場合なども、割引が適用されることがあります。論文投稿の際に、各ジャーナルの投稿規程をご確認ください。

お問い合わせ

本件についてのお問い合わせは、附属図書館電子リソースチーム:ejdb[at]mail2.adm.kyoto-u.ac.jp まで。

Print